カグラバチの「柴」の強さ、妖術、概要をネタバレ解説

アニメ・マンガ・ゲーム
スポンサーリンク
⚠注意 ※この記事には、「カグラバチ」の最新話までの重要なネタバレが多分に含まれています。

スポンサーリンク

「柴 登吾(しば とうご)」の概要【カグラバチ】

「柴 登吾(しば とうご)」は、主人公・六平チヒロと行動を共にしている妖術師です。

外見は、オールバックの金髪、長身、サスペンダーのついた服が特徴です。

始終軽いノリで関西弁を喋り、シリアスな場面でも緊張感のない態度を滅多に崩しません。

焼き魚を食べ歩く・敵への尋問時でもおちゃらけるなど、日頃から独特な行動を取っています。

敵の妖術師とは主にチヒロが戦い、柴は後方でのサポートや情報収集を担当する事が多いです。また、チヒロは悪人を問答無用で叩き斬っていますが、柴は捕らえた妖術師や敵を極力生かそうとしています。

斉廷戦争で戦った過去があり、戦後は一時期神奈備をしていましたが堅苦しい気風が合わなかったため辞めています。

チヒロの父・六平国重とは古くからの友人でした。

3年2ヶ月前に六平の工房が毘灼に襲撃され、国重は殺害、6本の妖刀も奪われました。そのため、柴はチヒロと共に友人の仇である毘灼と妖刀の行方を追っています。

「柴(しば)」の来歴【カグラバチ】

柴の来歴
  • 1
    18の頃には、六平国重・薊とは友人関係だった。
  • 2
    斉廷戦争で戦う。
  • 3
    戦後は神奈備となるも、後に辞職。
  • 4
    六平の住居・工房の結界に異常があればすぐに駆けつけられるようにして、六平親子を見守っていた。
  • 5
    3年と2ヶ月前、毘灼が六平の住居と工房を襲撃する。
    ◯柴が駆けつけた時には、毘灼に国重が殺害されており、6本の妖刀は奪われていた。
  • 6
    毘灼と妖刀の行方をチヒロと追い始める。
  • 7
    チヒロと共に毘灼と関連がある爻龍組を壊滅させる。
    ◯ヒナオから妖刀の目撃者が現れたと聞き東京へ向かう。
  • 8
    喫茶店ハルハルで、妖刀の目撃者であるシャルと出会う。
    ◯敗北したダルマを拘束・尋問し、シャルを狙っているという双城厳一の情報を引き出す 。
  • 9
    喫茶店ハルハルでチヒロ・シャル・薊と合流。
    ◯ハルハルから離れた車内にいる際に、双城がハルハルを襲撃する。薊・神奈備の精鋭6人と共に、双城の元に駆けつける。
  • 10
    双城戦から5日後、目覚めたチヒロに双城の目的を教える。
  • 11
    チヒロと共にシャルが囚われている敵の拠点に乗り込み、現地でチヒロと別れて怪しい小屋の探索に向かう。
    ◯双城と戦おうとするチヒロからシャルを預かって退避する
  • 12
    真打を取り戻すためチヒロと共に漣の屋敷に潜入し、漣家当主の京羅を待ち構える。
    ◯「蔵」に商品として監禁されている人々を人質にされ手出しできなくなる。 ◯京羅は「濤(とう)」を呼び出して反撃に転じるが、チヒロを残して危機的状況にあるヒナオの下に向かう。◯伯理に暴力を振るいヒナオを殺そうとしていた漣宗也ごと瞬間移動で上空に飛ぶ。
  • 13
    1人で京羅と濤と戦うチヒロを心配し、宗也ごと漣家に戻る
    ◯伯理を人質にされて、はったりをかます。◯淵天を京羅に差し出した後に、チヒロと伯理を連れて拠点に戻る。
  • 14
    楽座市当日、会場の電気を落とす等してチヒロの援護をする
  • 15
    「ただの瞬間移動でもない妖術」で柴が濤の3人を一方的に制圧する
    ◯天理は、自分が死ぬと理解しながら雫天石の武器を使い、今度は逆に柴を圧倒。◯更に柴に向かって高速で十数本の武器を飛ばすが、チヒロが「結」を使って防いでいる。

「柴(しば)」の人間関係【カグラバチ】

六平チヒロ

チヒロは友人の息子で年齢が親子くらい開きがあるからか、他より多少丁寧な対応や心配をしています。

国重が生きていた頃からチヒロとは知り合いであり、事あるごとにチヒロに国重の功績を語っていたようです。チヒロもその語りを誇らしげに聞いていて、2人の関係は昔から良好でした。

毘灼を追い始めてからは、「うまく調整してこな」と妖刀の使い過ぎを注意したり、重症を負ったチヒロの心身を心配するなど、気を使いなら助力しています。

六平国重と薊とは古くからの友人

薊が見ていた携帯の画像には、親しげに過ごす国重と柴と薊の姿が写っていました。普段の口ぶりからも3人が親密だったことが窺えます。

国重とは、全く険がないごく自然なやり取りをしていました。杓子定規でことを運ぶ薊に対しては、不満を包み隠さず伝えるようなざっくばらんな態度で接しています。

どちらの態度も仲の良さからくるものですが、性格の相性から接し方に違いが出ているようです。

柴は六平家を定期的に訪れて近況を教え合い、国重とチヒロを気にかけていたようです。

ヒナオ

柴は、ヒナオにまぁまぁぞんざいに扱われています。

声がうるさいことをウザがられたり、柴からズタズタに切り刻んだリンゴを与えられたヒナオは、「食感キモ」と言っています。

「柴(しば)」の妖術【カグラバチ】

一般人を守るために短い距離を一瞬で移動をしたり、シャルと共にドアが閉じた車中に空間移動をしたりしています。

触れた相手も一緒に瞬間移動することができ、味方と一緒に移動するだけでなく、敵をいきなり空中に放り出すという使い方もできます。

25話では、漣家とチヒロ達の拠点らしきマンションを一瞬で移動しています。これがどの程度の距離なのかは不明ですが、短距離だけでなく長距離の瞬間移動もできるようです。

妖術で移動する際には体の輪郭の一部がブレて見えるため、何かしらの負荷が掛かっていると考えられます。

ダルマの足を踏みつけて尋問した際には、踏みつけていた柴の足に上記ブレが見え、広範囲の床がひび割れるくらいの力を出しています。この事から移動だけに使える性能ではないと判明しています。

割愛された濤3人との戦闘では、柴が尋常ではない力を使っていたようです。

その戦闘終了後の画は、床に大きなクレーターが作られ、足元を凄まじい力で抉りながら何かを壁まで叩きつけ、太い柱が崩れる寸前まで破壊されているというものでした。

濤の男性も「ただの瞬間移動でもない…」と思っています。破壊の痕跡といい濤という実力者3人が圧倒された事といい、作中で描写された妖術の中でも相当高い破壊力の攻撃がされたのは間違いありません。

ただ、34話で凄まじい力を使う天理に手を振り払われた際には瞬間移動を使っておらず、左手に結構なダメージを負っていました。ですから、瞬間移動には何かしらの限度があるようです。

その少し後に柴は「一旦退いて」と言っていました。雫天石で速さが超強化された天理から走って逃げるのは現実的ではないので、柴は瞬間移動で退こうとしていたんだと思います。

やや時間が経った後でまた瞬間移動を使おうとしていた事を考慮すると、次の瞬間移動を使うにはインターバルが必要なのかもしれません。

また、捕らえたダルマの手を数珠で縛って札を張ることで、妖術が使えないようにもしていました。

「柴(しば)」の強さ【カグラバチ】

双城厳一から薊と共に強者と判断されていました。

しかし、双城の評価は「こいつら(神奈備の精鋭5人)だけなら闘ってもよかったが」「今の状態であいつらまで相手にするのは骨が折れそうだ」ですから、万全の状態なら柴+薊+神奈備の精鋭6人とも十分戦えると考えていたようです。

これはあくまで双城の見立てですが、双城の評価が正しいとすると柴との実力差はかなりあるという事になります。

まぁ、妖刀は戦争を終わらせるほどの圧倒的な力を持っているという設定なので、妖刀所持者でチヒロより力と敏捷性が高い双城が万全なら、複数人相手でも優位に立てるのは納得出来ますね。

それでも、妖刀使い・緋雪を除いた妖術師の中では、相当な実力者と言っていいでしょう。

実際、濤の3人と1人で戦い、涼しい顔で制圧しています。濤は名高い実力者ですから、それを3人同時に畳んでしまった事には驚かされました。もしかしたら、上記の双城の見立てはかなり甘いものだったのかもしれません。

神名備の上層部も、双城が柴と同程度の評価をした薊を神名備のNo.2と取れる会話をしていました。

あの会話を素直に受け取るのならば、神名備の妖術師の中で柴・薊より明らかに強いのは規格外の緋雪だけという事になります。

実際、作中では緋雪と妖刀使い以外で柴を倒せそうな奴は出てきていないので、今のところ妖術師の中では薊と共に二番目に強いキャラと言っていいでしょう(実力が不明の毘灼は除く)。

■カグラバチカテゴリーの人気記事
カグラバチ強さランキング【チヒロ・緋雪・双城・柴・薊】
カグラバチの全キャラの中から厳選したランキングを作ってみました。最新話までのネタバレを含んでいます。
カグラバチの伏線・謎・ネタバレ考察【毘灼・真打・内通者】
カグラバチに隠された様々な伏線・謎を考察してみました。この記事にはネタバレが含まれています。
「カグラバチ」4巻部分のネタバレ感想【34話以降も更新】
外薗健先生の漫画「カグラバチ」の4巻部分のネタバレ感想です。
「カグラバチ」3巻部分のネタバレ感想【28話以降も更新】
「カグラバチ」2巻部分のネタバレ感想【18話以降も更新】
「カグラバチ」1巻部分のネタバレ感想【9話以降も更新】
カグラバチ死亡キャラ一覧【死亡シーン、死亡が確定話】
カグラバチで死亡しキャラ一覧をまとめてみました。
漫画「カグラバチ」ネタバレwiki【登場人物・用語】
「カグラバチ」は、外薗健(ほかぞのたける)による日本の漫画作品。連載は2023年9月19日から開始。
■カグラバチのキャラクター解説記事
六平チヒロ
緋雪 双城厳一
シャル
真智カザネ ヒナオ
漣伯理 漣宗也
■メインカテゴリー
厳選記事
特にオススメの記事を厳選しています。
アニメ・マンガ・ゲーム
オカルト
ライフハック
言葉
その他まとめ・雑記

スポンサーリンク

こちらの記事も宜しくお願いします。

最強レベルの怖い話ランキング【洒落怖・2ch・名作】
心霊系や非心霊系など幅広いジャンルの怖い話ランキング100をまとめてみました。全ての長編・中編・短編の中から厳選しています。
2chの面白いスレまとめ【笑える短編や爆笑話】
コピペ・短編から長編まで、笑える2chのスレまとめを紹介していきます。知っている全ての面白い話の中から厳選してみました。
超ドケチ節約術一覧【食費・日用品・すごい主婦の生活方法・生活術】
68の節約術を「電気代・食費・水道費・買い物代・支払い・娯楽費・交際費」等の項目別にまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました