カグラバチの「漣 伯理(さざなみ はくり)」とは

アニメ・マンガ・ゲーム
スポンサーリンク
⚠注意 ※この記事には、「カグラバチ」の最新話までの重要なネタバレが多分に含まれています。

スポンサーリンク

「漣 伯理(さざなみ はくり)」の概要

「漣 伯理(さざなみ はくり)」は、闇の競売「楽座市」を主催する漣家の人間で、漣家当主の漣京羅は伯理の父親にあたります。

髪は白髪で長さはミディアムですが、左耳あたりの髪だけ長くして結んでいます。

楽座市を妨害したため漣家から追放され気が滅入っていましたが、双城厳一の「鳴」から自分の命を救った六平 千鉱(ろくひら ちひろ)の姿に感銘を受けて活力を取り戻しています。

伯理は、楽座市に出品される妖刀・真打を取り返そうとしていたチヒロと利害が一致していたことを知り、自身の手伝いをして欲しいと懇願します。

それは、人身売買や人間の死体などが売買の対象となる楽座市を壊したいというものです。伯理は漣家の行いに対して疑問を持たず生きてきましたが、ある出来事がきっかけとなり楽座市の異常性に気がついています。

神名備最強の緋雪の言葉にチヒロの心が折れかけた際には、「俺はお前に救われたんだ」「その刀ァ似合うのは」「お前!!!」とチヒロを奮起させています。

チヒロ達と行動を共にし、漣家と本格的に対立する

そして伯理は、チヒロ達と行動を共にすることになり、漣家の情報を伝えます。

チヒロと柴は漣の屋敷に潜入し、京羅から「蔵」の秘密を聞き出そうとしました。その頃、伯理は兄の「漣 宗也(さざなみ そうや)」とばったり出くわしていました。

宗也は、伯理を溺愛していて愛情表現で暴力をふるう危険人物です。伯理を家に連れ帰ろうとしますが、彼は漣家の楽座市を潰そうとしており宗也に虐待もされていたため断固拒否します。

その後、ヒナオが伯理をたぶらかし彼女を殺害すれば漣家に帰ってくると勘違いして襲いかかりますが、駆けつけた柴が瞬間移動で宗也を連れて漣家に戻りました。

ですが、父・京羅に伯理がチヒロ達を手引したのだと気づかれたため、伯理は人質にされてしまいます。更に京羅に「生きる価値はない」とまで言われ、殺そうとする素振りを見せます。

その時、チヒロが「その男は俺を救ってくれた」と制止し、伯理を取り返すために淵天を差し出しました。

伯理は、父親の京羅に「生きる価値はない」とまで言われた事と、自分と淵天を交換させてしまった事で酷く落ち込んでしまいます。

申し訳無さそうに謝る伯理でしたが、かつて伯理に救われたチヒロが「お前は(自分の)背中を押した」「お前が頼りだ」等と励まして、今度は逆に立ち直らせています。

楽座市での活躍

楽座市で伯理は、宗也を他の濤から引き離して敵戦力の分断をしましたが、後少しでチヒロと合流できるというところで毘灼の木の妖術に行く手を阻まれてしまいます。

伯理はチヒロ達の役に立ちたいと心の底から思い、宗也と戦う事を決意します。そして、威葬で攻撃しようとするも不発に終わり、激昂した宗也は伯理に暴行を加え始めます。更に、伯理は何もできない人間だと決めつけ、チヒロより自分を選べと迫りました。

酷く蹴られ続ける伯理ですが、チヒロが自分を信じてくれたことを思い返し、彼が木の壁を壊して来ることを信じ続けます。そして、「(自分には)何も出来ない」という心の壁を突破して今度こそ威葬を発動させました。

宗也は威葬を食らっても数メートル後ろに動かされただけでした。ですが、木の壁を突破してきたチヒロが背後から宗也を斬っています。

宗也は血だらけのまま立ち上がり、狂気を湛えた無表情で「もう…いいよ」「殺す」と口にしました。

伯理は、これ以上刳雲の使用回数を減らさせないため、そして自分も命を賭けて漣家との関係にケジメをつけなければならないと思い、一人で宗也と戦う決断をしました。

チヒロを凪浄苑に向かった直後、2人は同時に威葬をぶつけあいました。しかし、伯理の威葬は宗也の威葬に遠く及ばず昏倒し、倒れた彼にもう一発威葬が叩きつけられます。

そうして、とどめを刺したと思った宗也は立ち去ろうとしますが、過去に宗也が伯理を虐待するために使っていたペンチが彼の後頭部に飛ばされます。

伯理は、自身の妖術の全容を掴み、威葬の他に「蔵」の能力を持っていることを理解します。

これまでは無意識に「蔵」の保持運用に玄力を割いてきたため、威葬が使えなかった事も分かりました。

覚醒した伯理の左目に、「蔵」の管理者の証である仮面が現れていました。宗也は、伯理が自分を遥かに超えた才能を持っている事が認められず、更に怒り狂いながら襲いかかります。

伯理は度重なる攻撃に耐えながら、心の中で氷の肌の女に檻の外に希望を持たせるべきだったと謝ります。そして、チヒロのようにどんな苦境からも立ち上がる事を証明するために、渾身の威葬を放って宗也を倒しました。

それから天理を倒したチヒロ達と凪浄苑で合流します。ですが、緊急用扉があらかじめ破壊されていた様を目にして愕然とします。

勝機が尽きたかに思えましたが、伯理は愛情という繋がりがあれば京羅の「蔵」に干渉できるのではと考えます。

「もはや繋がりなどありはしない」と考える京羅に対し、伯理は「父さんに……」「すごいって言って欲しいんだ」と心情を吐露し、京羅の「蔵」への干渉に成功しました。

そうしてチヒロを「蔵」内部に送り込み、「父さんを…斬ってくれ………!!」と頼んでいます。

「漣 伯理(さざなみ はくり)」の人間関係

六平チヒロ

伯理は、双城厳一「鳴」で街にいる人々を皆殺しにしようとした際に、チヒロに命を救われた者の中の一人でした。

「鳴」で重症を負いながらも不屈の闘志で立ち上がるチヒロに「侍」の精神性見て、チヒロを「侍」と呼び始めます。

彼は楽座市を妨害したため漣家から追放されて気が滅入っていましたが、上記チヒロの姿に触発されて活力を取り戻しています。そして、街中でさらわれる寸前だった女児を救ったのですが、怒り狂ったヤクザに自分が捕まりリンチにされています。

一方的に殴る蹴るの暴行を受けていたその時、楽座市の出品物を管轄する漣家の情報を探し求めていたチヒロの襲撃が始まりました。

再び心が折れかけていた伯理は、組長以外を全員斬り伏せたチヒロに再度救われ気力を取り戻しています。

二度も救われた事と、チヒロと再度出会えた事で大興奮し、自分の目的を遂げるために力添えして欲しいと懇願しました。

その後、2人は神名備最強の妖術師香刈 緋雪(かがり ひゆき)と遭遇し、チヒロは「お前が妖刀を振るい続ければ」「また不幸が生まれるぞ」と言われ戦意を喪失します。

チヒロの戦意が欠けたまま敗北するかに思われた瞬間、伯理がチヒロを庇いながら「俺はお前に救われたんだ」「その刀ァ似合うのは」「お前!!!」と鼓舞してチヒロが奮起するきっかけを作っています。

漣宗也

伯理は宗也との再会時に自分のことを殺しにきたと勘違いして、高所から躊躇なく飛び降りました。しかし宗也が伯理を助け、漣家に帰ってこいと説得しています。

宗也は伯理のことを溺愛していますが、暴力が弟に対する愛情表現だと思っている危険な人物です。ですから伯理は、兄と再会した時に絶望した表情を見せています。

宗也はとても思い込みが激しいため、伯理が漣家に反抗し始めたのは、楽座市の商品として捕らわれていた氷の肌の女のせいだと勘違いしていました。そういう現実から乖離した妄想に囚われているので、自分の意思で反抗する伯理を受け入れることができません。

更に、伯理に傘を届けに来たヒナオを見て、彼女から悪い影響を受けたので伯理が自分たちに反抗しているのだと間違った解釈をします。

何故かヒナオを殺害すれば伯理が元に戻ると考えた宗也は、止めようとする伯理を泣きじゃくりながら容赦なく殴っています。

氷の肌の女

チヒロと出会う前の伯理は、漣家の思想に染まっていて人間が売買されていることに疑問を持っていませんでした。そうした洗脳を解くきっかけを作ってくれたのが「氷の肌の女」です。

人身売買されるのが嫌で餓死しようとしていた彼女は、伯理が話し相手になってくれれば食事を摂ると提案します。

最初伯理は、商品価値を落とさないようにするために話し相手となりました。その後、宗也や他の漣家の人間に妖術の才能の無さから虐待されているが、家族や漣家を思って従っている事を話すようになります。

彼女は「檻の中に囚われてるのはあなたの方」「自分の本当の価値も見失っちゃうのね」「私と話してくれる」と声をかけ、その言葉に胸を打たれた伯理は漣家から2人で逃げる決断をします。

しかし、彼女の本心は自害することで、逃亡を決行しようとしたその時に刃物で首を斬り死亡しました。

伯理は、自分が彼女を人間扱いしなかった事で死に追いやったと苛むようになります。この出来事から楽座市の異常性に気づかされ、楽座市の妨害をして漣家から追放されました。

一方で、彼女の言葉で冷遇されるだけの自分に価値を見出そうともしてもいます。その言葉が自死のために発したものだとしても、自分の価値に気づかせてくれたと思っているようです。

漣家初代当主

漣家初代当主は2種類の能力を持って生まれており、更に亜空間の「蔵」を作り出せたのも異端でした。これは他に例を見ない才能と考えられてきましたが、伯理は初代当主と並ぶ天才であると判明します。

「漣 伯理」の妖術

伯理は初代漣家当主と同じ天才で、「威葬(いそう)」と「蔵」の妖術が使えます。2つの妖術を使えると判明しているのは、既に鬼籍に入っている初代当主と伯理だけです。

これまで無意識に「蔵」の保持運用に玄力を割いてきたので威葬が使えませんでしたが、36話でそれを意識下に置いたため高出力の威葬を撃てるようになっています。

36話の画を見る限り、伯理が持つ「蔵」は京羅が管轄するそれより小規模のようです。

また、京羅は「蔵」の内部構造を変化させて侵入者を攻撃しているので、伯理も同じことが出来るようになるはずです。

「漣 伯理」の強さ

チヒロに背中を斬られて立っているのもやっとだった宗也を威葬で倒しています。しかし、万全の状態でどこまで戦えるのかは不明です。

あの時は宗也が一方的に威葬を撃ち続けていたのを耐え抜いて、最後の一撃で倒していました。お互い万全の状態ならもっと動き回って戦うでしょうから、その場合は戦闘経験の多い宗也が有利になる可能性もあります。

逆に、伯理はとんでもない才能をもっているので普通に宗也に勝つかもしれませんし、その辺のところはまだ不明です。

しかし、潜在能力は高いはずなので、将来的には宗也が全く及ばないレベルになるんでしょうね。

■カグラバチカテゴリーの人気記事
カグラバチ強さランキング【チヒロ・緋雪・双城・柴・薊】
カグラバチの全キャラの中から厳選したランキングを作ってみました。最新話までのネタバレを含んでいます。
カグラバチの伏線・謎・ネタバレ考察【毘灼・真打・内通者】
カグラバチに隠された様々な伏線・謎を考察してみました。この記事にはネタバレが含まれています。
「カグラバチ」4巻部分のネタバレ感想【37話以降も更新】
外薗健先生の漫画「カグラバチ」の4巻部分のネタバレ感想です。
「カグラバチ」3巻部分のネタバレ感想【28話以降も更新】
「カグラバチ」2巻部分のネタバレ感想【18話以降も更新】
「カグラバチ」1巻部分のネタバレ感想【9話以降も更新】
カグラバチ死亡キャラ一覧【死亡シーン、死亡が確定話】
カグラバチで死亡しキャラ一覧をまとめてみました。
漫画「カグラバチ」ネタバレwiki【登場人物・用語】
「カグラバチ」は、外薗健(ほかぞのたける)による日本の漫画作品。連載は2023年9月19日から開始。
■カグラバチのキャラクター解説記事
六平チヒロ
緋雪 双城厳一
シャル
真智カザネ ヒナオ
漣伯理 漣宗也
■メインカテゴリー
厳選記事
特にオススメの記事を厳選しています。
アニメ・マンガ・ゲーム
オカルト
ライフハック
言葉
その他まとめ・雑記

スポンサーリンク

こちらの記事も宜しくお願いします。

最強レベルの怖い話ランキング【洒落怖・2ch・名作】
心霊系や非心霊系など幅広いジャンルの怖い話ランキング100をまとめてみました。全ての長編・中編・短編の中から厳選しています。
2chの面白いスレまとめ【笑える短編や爆笑話】
コピペ・短編から長編まで、笑える2chのスレまとめを紹介していきます。知っている全ての面白い話の中から厳選してみました。
超ドケチ節約術一覧【食費・日用品・すごい主婦の生活方法・生活術】
68の節約術を「電気代・食費・水道費・買い物代・支払い・娯楽費・交際費」等の項目別にまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました