「嘯く(うそぶく)」の誤用【意味・類義語・例文・語源】

「嘯く(うそぶく)」の意味・誤用

「嘯く(うそぶく)」の正しい意味

○ 1.とぼけて知らないようなふりをする。

○ 2.自信たっぷりに大きな事を言う。豪語する。

「嘯く(うそぶく)」の誤った意味

× 嘘をつく。

「嘯く(うそぶく)」の正しい意味は「とぼけて知らないようなふりをする。豪語する」ですから、単に「嘘をつく」という意味で使うのは誤用です。ただし、意味1や意味2の言動をとった結果、発言内容に嘘が含まれる場合は正しい使い方です。

「うそぶく」には「獣などがほえる」「口をつぼめて、息や声を出す」「詩歌などを口ずさむ」という意味もありますが、現在では殆ど使われていません。

また、「嘯く」を「嘘吹く」と書くのは誤字です。

「嘯く(うそぶく)」の語源・由来

昔は、「嘯(うそ)」を「鳥を呼ぶ時の口笛」、「嘯く」を「口笛を吹く」という意味で用いていました。

上記の意味が「とぼけて知らないふりをする」「豪語する」に転じた理由については諸説あり、「嘘をついた際に、口笛を吹いて誤魔化そうとした事から」という説や、「鷽(うそ)という鳥の鳴き声を真似た仕草が、滑稽だった事から」という説などがあります。

「嘯く(うそぶく)」の類義語・英語表現

f:id:toshikoro:20170802211858j:plain

「意味1.とぼけて知らないようなふりをする」と似た意味の言葉

・しらばっくれる

・白を切る

・とぼける

・頬かぶり

「意味2.自信たっぷりに大きな事を言う」と似た意味の言葉

・豪語する

・法螺を吹く

・大言壮語

・虚勢を張る

・大袈裟に言う

・強がる

英語表現

・pretend not to know(しらばくれる)

・pretend ignorance(知らんぷりをする)

talk big(ほらを吹く)

・exaggerate(大げさに言う)

「嘯く(うそぶく)」を使った例文

○ YouTuberの友人が「これから動画再生数をガンガン上げて、数年後には大金持ちになってやる」と嘯いた。

○ 6歳の息子が隠れてお菓子を食べたようなので問いつめると、彼はそっぽを向いて「ぼくしらないよ~」と嘯いた。

× 虚言癖のある同僚のAは、今日もあることないこと嘯いて周囲の人間から煙たがられている。

× 彼は嘯いて回り、クラスメイトの悪い噂を流していった。

「嘯く(うそぶく)」のまとめ

まとめ

◼ 「嘯く(うそぶく)」の意味

○ 正しい意味…「とぼけて知らないようなふりをする。豪語する」

× 間違った意味…「嘘をつく」

◼  「嘯く(うそぶく)」の類義語

□  「意味1.とぼけて知らないようなふりをする」と似た意味の言葉

・しらばっくれる

・白を切る

・とぼける

・頬かぶり

□ 「意味2.自信たっぷりに大きな事を言う」と似た意味の言葉

・豪語する

・法螺を吹く

・大言壮語

・虚勢を張る

・大袈裟に言う

・強がる

こちらの記事も宜しくお願いします。

www.toshikoro.com

言葉【誤用】 カテゴリーの記事一覧

言葉【意味】 カテゴリーの記事一覧

言葉【意味の違い】 カテゴリーの記事一覧

www.toshikoro.com

2021年暑さ対策グッズ【室内と屋外での熱中症対策】

【防寒グッズ】部屋・屋外で暖まる寒さ対策おすすめ2020

www.toshikoro.com

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です