●モバイル端末は、上のメインカテゴリーを左にスライドして見て下さい。サブカテゴリーは記事下に設置しています。

「破天荒」を豪快・大胆という意味で使うのは誤用

f:id:toshikoro:20200603161921j:plain

 

 

 

 

 

破天荒(はてんこう)の意味・使い方

 

「破天荒」の正しい意味

○誰も成し得なかったことを初めてする。前代未聞。未曾有。

「破天荒」の誤った意味

×型破りで大胆な様子。豪快。滅茶苦茶。乱暴。

 

 破天荒(はてんこう)は、「誰もなし得なかったことを初めてする」という意味の言葉です。ですから、単に型破り・大胆・豪快・滅茶苦茶・乱暴という意味での使い方は誤用になります。

 前人未到の偉業を成し遂げた場合など、主にポジティブな意味合いで使う言葉なのです。 

 

 

「破天荒」の類義語・世論調査

 

 文化庁が平成20年度に行った国語に関する世論調査では、破天荒を誤用している人が64%という結果が出ており、正しい使い方をしている人は16%しかいませんでした。

 「破天荒」は、誤用している人の割合の方が圧倒的に高い言葉です。そのため、自分が本来の意味で使ったとしても、型破り・大胆・豪快・滅茶苦茶・乱暴という意味で使ったと誤解されてしまうかもしれません。

 

 正確に意味が伝わらないと感じた場合は、類義語の前人未到(誰もその境地に達していないこと)・前代未聞(今までに一度も耳にしたことがないこと)・未曾有(未だかつて一度もなかったこと)などを使うといいでしょう。

 

 

 

 

「破天荒」の例文

 

○ 彼は、2種目の陸上競技世界新記録を出して優勝しました。まさに破天荒な偉業を成し遂げたといえるでしょう。

○親しかった先輩は、うちの高校から初めて東大に合格するという破天荒な快挙を成し遂げた。

×この若手芸人は豪快で破天荒だから、どんな大物の前でも物怖じしないよな。

× 毎日のように喧嘩をする破天荒な友人と縁を切ろうかどうか迷っている。

 

 

「破天荒」の語源・由来

 

 「破天荒」は、著名人の逸話を集めた宋代の古書「北夢瑣言(ほくむさげん)」にある説話が由来とされています。 

 

 中国の唐代、荊州(けいしゅう、現在の湖北省一帯)から官吏登用試験である科挙に合格する者が一人も出なかったため、天荒(未開の荒れ地)と呼ばれていました。

 その状態が王朝成立から100年以上も続きましたが、大中年間(847~860年)に劉蛻 (りゅうぜい)が初めて合格すると人々は「天荒を破った」といいました。 

 転じて「誰もなし得なかったことを初めてする」という意味になったといいます。

 

 

まとめ

 

ポイント

○ 「破天荒」の正しい意味…「誰も成し得なかったことを初めてする」

×「破天荒」の誤った意味…「型破りで大胆な様子」

 

・類義語…前人未到・前代未聞・未曾有。

前人未到の偉業を成し遂げた場合など、主にポジティブな意味合いで使う言葉

 

 

よく読み間違えられる漢字130選+誤読とは言い切れない読み

 

言葉の意味【違い】 カテゴリーの記事一覧

 

 

 

プライバシーポリシー