五条悟と宿儺はなぜ叩かれるのか【凡夫、2.5条】

アニメ・マンガ・ゲーム
スポンサーリンク

⚠注意

※この記事には、「呪術廻戦」の最新話までと前日譚の重要なネタバレが多分に含まれています。

人外魔境新宿決戦で、五条が極小の領域を使った227話あたりまでは宿儺を批判する声は大きくなかったと思います。ですがそれ以降、徐々に宿儺と観戦組が叩かれるようになりました。

ですが、五条が敗北したと同時に宿儺への批判が弱まり、一転して五条への批判が高まりました。

今回は、元々宿儺へ向かっていた批判が、なぜ五条へ向かったのかについて順を追ってまとめていこうと思います。

スポンサーリンク

1.最初は、宿儺に大物感を期待していた人達の反発があった

宿儺は呪いの王としての威厳を時折見せてきましたが、同時に小物っぽい言動やフランクな態度を多く取ってきた人物でもあります。

初登場時の表情と笑い声は三下と言われても仕方のないものでしたね。少年院で一時的に虎杖の肉体を支配した際には、やられ役っぽい笑みを浮かべてもいました。

しかし、渋谷事変で「誇れ」「お前は強い」と漏瑚(じょうご)を讃えたことで「大物感」が一気に跳ね上がり、そちらの側面だけを期待する人が増えたんじゃないかと思います。

僕的には、漏瑚と美々子と菜々子に、残虐性を感じさせる表情で「頭が高い」と言って頭を下げさせたシーンが最も強者感があったと思います。

魔虚羅とのバトルがそれまでとは桁違いの規模で、宿儺の閉じない領域の威力が凄まじかったのも大物感の印象を底上げしたのでしょう。

ただ新宿決戦編以前にも、死滅回游編で天使の術式に殺されかかった際に伏黒恵のふりをして危機を脱したことで、多少揶揄されていました。

上述したように、「小物っぽさ」と「大物感」を両方持った人物で「呪いの王」ですから別に矛盾が生まれた訳ではありません。ですが「渋谷事変の瞬間最大風速で上がった「大物感」を期待していた人は、新宿決戦終盤までの展開に納得できず反発してしまった」というのが、批判され始めた原因の一つだと考えています。

2.五条を凡夫扱いした割に、伏黒の術式頼りだった(特に魔虚羅)

宿儺はこれまで「呪いの王」として畏怖されてきたので、「独力で五条に比肩する」もしくは「五条より強い」という認識だった人も多いでしょう。

ですが新宿決戦での戦いを見ると、無下限呪術を突破するのに、伏黒恵の「十種影法術(特に魔虚羅)」にかなり頼っています。

宿儺が自分の力だけで呪いの王らしく戦うところを期待していた人達にとって、十種影法術と魔虚羅に頼った戦い方をするのは、あまり気分のいいものではなかったはずです。

そうした不満がある上に、「俎板の上の魚」「俺がいない時代に生まれただけの凡夫」などと言って、ほぼ自分の力だけで戦う五条を挑発したため相応の批判をされたのだと思います(五条も開幕茈で歌姫・楽巌寺・伊地知の力を借りているが、その時点では何故かあまり批判されなかった)。

3.五条が敗死すると、宿儺への批判が一気に五条に向かった

しかし、宿儺が世界ごと対象を斬る通称・次元斬を覚えて五条を一撃で葬ると、今度は五条が以前の宿儺のように批判されるようになりました。

加えて、宿儺は次元斬を覚えるために、あえて本気を出さずに戦っていたと判明しました。四本腕の完全体ならば十種を使わずとも領域内での肉弾戦で五条が不利となり(作中のように拮抗しない)、領域合戦の際に五条が敗北する可能性が高いです。

五条は空港で「十種がなかったとしても勝てたか怪しい」と言っていますが、これは宿儺が完全体となる前の発言ですから「怪しい」レベルではなかったんでしょう。実際、238話で「腕と口が常人の倍あることは」「術師にとってこれ以上ない優位性となり」とまで言われています(呪具・神武解も使わなかった)。

そうして、ネット上での「マコーラ」「すっくん」などの宿儺を揶揄する言葉が激減し、これに取って代わって「凡夫」「2.5条」という五条を嘲った言葉が多く見られるようになりました。

4.死後の世界と思われる空港の描写が受け入られなかった

宿儺を倒してしまうと主人公のお株を奪ってしまうので、五条が敗北する展開は多くの人が予想していました。これは宿儺が一方的に叩かれていた時から予想されていたことですから、敗北した事自体が五条叩きに繋がった訳ではないと思います。

批判を最も増やした原因は、空港で生徒や高専時代からの仲間を「花」に例えたことじゃないでしょうか。「普段の言動に問題の多い五条も何だかんだで仲間を尊重している」と思っていた読者にとっては認め難い言葉だったのかもしれません。

ただ、「花」という例えは言葉の綾という事もあったのかもしれません。

また後述しますが、五条・宿儺とは直接関係のない不満が、五条・宿儺への批判という形を借りて噴出した側面もあると思います。

5.頂上決戦が長いと思う人が批判し始めた

新宿決戦は223話から236話までの14話を使っています。大体、単行本1.5冊分くらいですから一気読みなら大したことないページ数です。

しかし、ジャンプ本誌で追っている人は223話から3ヶ月程度付き合っていたため、人によっては非常に長いと感じたのだと思います。

「連載当時は批判していたけど、単行本で読み返してみたら面白かった・アニメで見たら印象が変わった」と後に再評価される展開も多いです。「五条ピンチからの逆転は見飽きた」と当時よく見た愚痴をこぼしていた人も、単行本で読み返したりアニメで見返せば考えを改めるかもしれません。

6.人気投票上位の虎杖・伏黒が活躍しないので、叩きやすい五条・宿儺に向かった

主人公が頂上決戦のあたりで長らく活躍していなかったことも原因の一つになのではないでしょうか。

主人公と宿儺は深い因縁がありますし、ラスボス格に見える相手との戦いで少年漫画の主人公が観戦しているという展開に不満を持つ人も多いでしょう。そうした不満が他の観戦組(主に日下部)への批判や、叩きやすい五条・宿儺へ向かっているように感じます。

一番発言数が多かった日下部が最も批判・揶揄されましたけど、正直日下部自体にはそう興味を持ってない人が多いと思うんですよ。イラついた時に日下部という石ころがたまたま近くにあったから蹴っ飛ばしただけというか。八つ当たりできるのなら、他の誰でも良かったんじゃないですかね。

人気投票1位の伏黒が休眠状態(既に死亡している?)で、2位の虎杖が活躍せず、3位の五条の発言が炎上したのも拍車をかけましたね。

しかし、虎杖が助けに行ったとしても無制限の虚式に巻き込まれたり宿儺の斬撃で即死したりする可能性が高く、虎杖より強い乙骨や秤ですら手助けしないようにと五条に止められていました(五条が乙骨・秤より弱まるまでという条件付き)。

ただ、虎杖・乙骨は伏黒奪還に向けて何か準備をしているようですから、彼らが積極的に行動するようになれば上記の不満は払拭され、批判はその分弱まるんじゃないかと思います。

7.五条・宿儺を批判する流行りに乗っかった人や、元からのアンチもいた【凡夫・2.5乗・マコーラ・消火器・すっくん】

新宿決戦への批判に限ったことではないですけれど、一度批判される流れが出きるとそれに乗っかってしまう人も多くいます。今回の場合は、五条・宿儺を叩くことが流行りになったという面も否めません。

もちろん、全ての批判が間違っている訳ではないですが、周りに流されて叩いているだけの人も相当数いるでしょうね。

ちなみに、五条と宿儺に対する揶揄でよく使われるのは以下の5つです。

凡夫…五条が宿儺より弱いことや、五条の失敗を揶揄する言葉。

2.5条…五条が宿儺に胴体両手を切断されて殺害された姿ことを表す語。黒閃の威力は2.5乗という設定にかけている。

□マコーラ…宿儺が魔虚羅に頼り切りなことを馬鹿にする時に使われる。

□消火器…五条への目くらましに宿儺が消火器を投げたことを揶揄して使われる。

□すっくん…宿儺をやんわり馬鹿にする時に使われる。

終わりに

人外魔境新宿決戦編で五条と宿儺が一進一退の攻防を繰り広げました。ストーリー的な意味を除けば、この戦いは五条悟の強さや格好良さを立てるための戦いだったように思います。

宿儺は敵役ですから主人公側の術師を魅力的に見せる役割を負っている訳で、芥見先生も今後訪れるカタルシスを作ることを意識しながら描写していたのかもしれません。

僕としては五条・宿儺への不満よりも、今年中に連載を終えたいと先生が言っているので、虎杖と伏黒がこれからどれくらい活躍できるのかという事の方に不安があります。

何にしてもこれから最終回まで盛り上がってくれると嬉しいですね。

スポンサーリンク

こちらの記事も宜しくお願いします。

怖い話ランキングまとめ2023【短編長編・最強レベル】
心霊系や非心霊系など幅広いジャンルの怖い話ランキング100をまとめてみました。全ての長編・中編・短編の中から厳選しています。
不思議な話・怖い話まとめ【異世界・時空・神様・実話・謎】
あまり恐ろしくはないけれど、不思議で強く興味を引かれる話があります。そういう「不思議な話」を厳選してみました。
笑える2chスレまとめ【面白いコピペ・短編長編、伝説名作】
コピペ・短編から長編まで、笑える2chのスレまとめを紹介していきます。知っている全ての面白い話の中から厳選してみました。
超ドケチ節約術一覧【食費・日用品・すごい主婦の生活方法・生活術】
68の節約術を「電気代・食費・水道費・買い物代・支払い・娯楽費・交際費」等の項目別にまとめました。
誤用される言葉・誤用が定着した日本語一覧【例・意味の変化・割合】
文化庁の世論調査を中心に、有名な言葉の誤用・誤用が定着した日本語(誤用率の方が高いもの)の約130例をまとめました。
その他まとめ・雑記 テレビ嫌い・テレビ離れの原因【不快演出、コネ芸能人、見ない心理】
厳選記事
特にオススメの記事を厳選しています。
■アニメ・マンガ・ゲームカテゴリーの人気記事
鬼滅の刃はなぜ流行ったのか?【社会現象・急速に終わった理由と例】
オルガはなぜネタにされるのか?『止まるんじゃねぇぞ…』
同じ声優だと知って驚いたアニメのキャスト【意外な組み合わせ】
■メインカテゴリー
厳選記事
特にオススメの記事を厳選しています。
アニメ・マンガ・ゲーム
オカルト
ライフハック
言葉
その他まとめ・雑記

コメント

  1. 匿名 より:

    なんか宿儺って強さでしかイキれないのが痛々過ぎてるのが駄目すぎる

タイトルとURLをコピーしました