テレビ嫌い・テレビ離れの原因【不快演出、コネ芸能人、見ない心理】

その他まとめ・雑記

僕は情報番組やバラエティなどをそれなりに見るので、根っからのテレビ嫌いという訳ではありません。ですが、そういう自分でも「ここは嫌だな」「改善してほしいな」と思う点が多々あります。

今回は情報番組やバラエティなど、よく見かけるテレビ番組の嫌だと思う点について、自分の考えやネット上での批判をまとめてみました。

番組のコメンテーター・レギュラー・出演者について

アイドル無限地獄で、ドラマ・バラエティがつまらない

アイドルが○○に挑戦する番組や、アイドルが出演するドラマなどの番宣を頻繁に見せられるのはストレスが溜まります。

しかも、特定の大手事務所のアイドルの売り出しだけに付き合わされるため、とても理不尽な仕打ちに思えるのです。チャンネルを変えたら変えたで裏番組でも似たような挑戦・番宣を見せられる、なんてこともありますし。

最近ではバラエティ・ドラマ以外にも「挑戦」しているので、様々なジャンルの番組で見かけるようになりました。しかし、視聴者に彼らの「挑戦」を手助けしなければいけない理由があるかというと、実際のところ全くないと思います。

望まれるのは、高い能力を身に付け実力が評価された上での起用です。ところが、その過程がすっ飛ばされており、大抵の人の実力はプロに遠く及んでいません。専業の方が高いパフォーマンスを見せてくれるのになぁと感じている人も多いでしょう。

大手事務所やアイドルが成功するために視聴者が犠牲にされており、これがテレビ離れを引き起こす原因の一つになっていると思います。

「話題の人・二世タレント」の安易な起用で、ドラマ・バラエティがつまらない

話題になっている人・二世タレントというだけで起用するのも止めてほしいです。実力者が活躍できる場を奪っており、これもテレビ業界を衰退させている原因の一つなんじゃないかと思います。

執拗なワイプが不快

画面の上部隅にあるワイプも、全否定はしないですが殆どの場合不要に思います。

というか、ワイプで面白いことを言ってみろというのは、タレントさんにとっても無茶ぶりなんでしょうね。大物芸人はワイプで大して喋りませんし、ワイプの突っ込み・囃し立てが好きな人なんて見たことがありません(極度のファンは対象をずっと見ていたいでしょうが)。

一生懸命ワイプで頑張っているのは、売り出し中のアイドル・若手芸人がほとんどです。そういう人たちが空回りし始めるとナレーションに声を被らせたり、聞こえるか聞こえないかぐらいの声で邪魔な会話をし始めたりと、VTRへの没入を阻害し始めます。

しかし、スタッフに半強制的に喋らされているケースもあるようなので、一概にタレントさんが悪いとは言い切れませんが。

とにかく、VTRを流している間はその映像・音声が主役であり、他の要素は視聴者の没入の手助け程度に抑えるべき…だと思うのです。

政治・経済に疎い情報番組・情報番組のコメンテーター

政治・経済がよく分からない人を、報道番組・情報番組に起用しないで欲しいですね。

タレントがコメンテーターをしている場合は、「思う」「気がする」という感想で終始することが殆どです。特に情報番組の司会がタレントで、その司会がタレントのコメンテーターに話をふる光景は見るに堪えません。

酷い芸能人になると、他のコメンテーターとの差別化をするために、バラエティのノリで非現実的な暴論を吐いたり、おどけて失言を誤魔化そうとします。特に、紛争や感染対策の話題でそういう不誠実な発言・態度はやめてもらいたいです。

一般人とかけ離れた仕事・生活をしているタレントさんは、よくも悪くも庶民とはかけ離れた感覚の人が多いです。それが人気を集める理由でもあるので悪いという訳ではないですが、庶民感覚を代弁するコメンテーターとしては適性がない人が多いと思います。

先々月には、料理系YouTuberにコロナ禍についてのコメントを求める、なんて報道番組も見かけました。

情報番組の場合は取り扱う話題のジャンルも広いですが、ニュースについては彼らに意見を求めないようにして欲しいです。

番組制作・放送の在り方について

雑に大きな音を出す・同じ言葉の連呼・度を越えて幼稚な言動

「雑に大きな音を出せばいい」、そう感じられるような絶叫・演出なんかは止めて欲しいです。このやり方はCMでもよく見かけますね。

おつやじゃないんだから、バラエティ番組やCMなどで大きな音を出すこと自体は別にいいと思います。しかしそれは、視聴者を楽しませる見込みがある芸や、自然に出てくる笑い声だけに限定すべきでしょう。

笑わせる努力が垣間見えれば、つまらなかったとしても「ああ滑ったなw」と許す気持ちも生まれます。ですが、「何も思い浮かばなかったから、適当に大声でも張り上げるか」と感じた場合は、不快感しか生まれません。

ネット上でも「面白さや努力の伴ってない大きな声・音はただ不快なだけ」という意見はかなり多かったです。

他に、「同じ言葉をひたすら連呼」「度を越えて幼稚な言動」もあまり好かれてはいないようです。これに関しても「視聴者置いてけぼりで、多少鬱陶しがられても爪痕を残せればいい」という感覚が透けて見えるのが、嫌われている理由なんだと思います。

内輪ネタは、もう見たくない

「内輪ネタ」もよく「テレビ嫌い」の理由として挙げられます。

ただ、単に不快というよりも、つまらない・飽きたといった受け止められ方が殆どです。内輪ネタが全くダメという訳ではなくて、その頻度があまりに高いので食傷気味になっているのではないでしょうか。

イジリネタは不快

イジリネタが不快と感じる人もいるでしょうね。

「タレント同士のイジリくらい許してよ」という人もいれば、「公の場でのイジリネタなど許すべきではない」という人までおり、感じ方は人それぞれです。

ヤラセっぽい番組が多いから嫌い?

ネット上では「ヤラセっぽい企画が多いからテレビは見ない」という意見を多く見ます。ただ、僕はバラエティがヤラセかどうかはあまり問題ではないと思っているので、これに関しては気にならないですね。

むしろ、つまらなくなるよりはヤラセでも何でもして面白くしてもらいたいです。そもそもバラエティ番組って、昔からヤラセっぽいものだったと思うのですが。

当然、報道番組の街頭インタビューのヤラセで印象操作をするとかはいけないと思います。あくまでバラエティ番組で、誰も傷つく人がいない程度なら許容範囲ということです。

一部のクレーマーを気にしすぎるあまり、内容・人選が均一化してつまらなくなった

不満や抗議の声を恐れるあまり無難な内容が増え、似たような番組ばかりになっていましました。

しかしこれに関しては、テレビ番組の内容に不満を訴える人の意見を取り入れた結果でもありますから、テレビ局や制作陣だけに問題がある訳ではありません。

「欧米では暴力的なお笑いは許されない」とか「差別する意図がなくても、差別に見える表現は極力控えるべき」などの声を上げた視聴者側にも責任があります。もちろんクレーマーの責任が最も重いのでしょうが、一般の人からも上記の声は多く上げられたはずです。

「ヤラセっぽいのもダメで、差別っぽく見えるのもダメで、暴力的なのもダメで、あとついでにエロもダメで、でも斬新なバラエティ番組は作ってよ!!」というのは、よく考えたら結構な無茶ぶりです。

人によって不快な表現というのは違います。一部の意見だけを反映した厳格なコンプライアンスを作ってしまい、それに足を引っ張られて斬新な企画が通らなくなっているんでしょうね。

当然、コンプライアンスに適した一部のタレントばかりが起用されるので、人選も似たり寄ったりなものになっています(事務所パワーやコネもあると思いますが)。同じようなタレントしか使われない環境が出来上がり、狭い範囲の人材しか使われないので、質もそれなりになってしまうんでしょう。

隙間恐怖症による過剰な詰め込み制作

ワイプ・テロップ・矢継ぎ早な進行など、日本のテレビ番組は何でもかんでも詰め込みすぎだと思います。隙間を見れば何でも突っ込むだけの足し算を止めて、適宜引き算もして欲しいです(当然、個々の質も高めて欲しいです)。

料理番組や料理店へのロケでも、芸能人が焦らされて料理をろくに噛まずに食べている映像が散見されます。咀嚼し終わらないうちに食レポを始めるので、グチャグチャになった口内を視聴者に見せつけながら「美味い!!」「ヤバイ!!」と連呼させるのはどうかと思います。

おそらく芸能人側もゆっくり食べたいのだと思いますが、急かされてああいった形式になっているのでしょう。

内容を薄めてしまうCMまたぎや、スタジオトーク

重要な情報をCM後にまで引っ張るCMまたぎはイラつきますね。あれはチャンネルを変えられるか、テレビを消されるリスクの方が高いと思うんですが。

でも、これだけ横行しているということは、CM後まで律儀に待っている人の方が多いということなんでしょうか。しかし塵も積もれば山となるで、積もり積もった不快感がテレビ離れの原因の一つとなっていそうです。

ドラマがどれも同じような内容

日本のドラマに演技力のない役者が目立つのは、上記のアイドル無限地獄などが関係していると思います。
しかし、似たようなストーリー・演出ばかりになるのは何故なんでしょうね。制作する能力・体制自体に問題があるんでしょうか。

今は質の高い海外ドラマを動画配信サービスで見れますから、日本のドラマを見る気にならないという人が増えたと思います。

連日同じニュースを流す

連日、同じニュースを流されるのが不快という人もいます。

これは中々難しい問題ですね。ある人にとっては「もういいよ」と食傷気味なニュースでも、ある人にとっては「もっと深堀りしろよ」と興味を持っているニュースかもしれません。

ニュースによっては流しても流さなくても不満が出るでしょうから、適宜丁度いい量を考えて下さいとしか言いようがないです。

ただし、芸能人のプライバシーを著しく侵害するような話題は、連日流さなくてもいいだろうにと思います。

主婦層向けの番組が増えすぎた

主婦の方以外には嬉しくないやり方です。性別や世代間のバランスは取って欲しいですね。

とはいえ、CMのメインターゲットが主婦層ですから、主婦向けの番組が減ることはないでしょう。「主婦向け番組の比率を高めすぎたことで男性視聴者が離れ、CMのターゲット層が更に偏ってしまう」という悪循環に陥っているような気もします。

公平性がないから見ない

選挙では数字が取れそうな候補だけを延々と取り上げたり、事件・事故で一方の主張を多く取り上げたりして公平性がない、という意見も多くありました。

テレビ放送という媒体の特性について

好きな時に好きな内容を見れない。一方通行の情報発信

テレビ番組は放送日・放送時間が決められており、動画サイトのようにシークバーで見たい部分に飛べません。まぁこの効率の悪さは、変えられない媒体の特性ですからどうしようもないですね。

ただTVerや番組の見逃し配信などでは可能なので、一時期よりはこの不満は軽減されています。

テレビはネットとは違って、情報伝達が双方向ではなく一方通行です。スマホならピンポイントで情報を得られ、場所すらも選びません。欲しい情報を欲しい時に得られない利便性の低さは、メディアの形態として仕方のないことです。

CMが多い

テレビ番組はスポンサーの出資で成り立っているため、CMが多いのも仕方ないことです。

動画配信の有料サービスなら広告がカットできますから、これが人が流れている一つの原因となっているのかもしれません。

■オカルト
心霊・怖い話ランキング100【洒落怖・長編・中編・短編】
不思議な話・怖い話まとめ【異世界・時空・神様・実話・謎】
有名な怖い話・不思議な話まとめ2022【短編から長編まで】
ほんのり怖い話ランキング【5ch洒落怖&他スレまとめ】
『ヒサルキ』とは【概要、関連話の全リンク、怖さ・不思議さ評価】
■便利グッズ
Amazon・楽天の便利グッズ【高評価のキッチン・収納・家電等】
2021年暑さ対策グッズ【室内と屋外での熱中症対策】
■言葉の意味・誤用
誤用される言葉・誤用が定着した日本語一覧【例・意味の変化・割合】
よくある言葉の誤用一覧【誤った日本語の割合や意味・定着・変化】
よく読み間違えられる漢字130選+誤読とは言い切れない読み
「中抜き」の誤用『中間業者のピンはねという意味ではない』
■その他
笑える2chスレまとめ【面白いコピペ・短編〜長編、伝説・爆笑】
テレビ嫌い・テレビ離れの原因【不快演出、コネ芸能人、見ない心理】
配達員がドアを強く叩く…【チャイム直後のドン‼ ドン‼】

コメント

  1. より:

    私も今のテレビとバラエティ番組は大嫌いで理由は視聴者に嫌がってる人一杯居るのにしつこくフワと言う只の露出狂知恵遅れ馬鹿女出すから不愉快❗だからテレビ消してる事むっちゃ増えた❕激怒(ノಠ益ಠ)ノ

  2. 匿名 より:

    動画配信の有料サービスでも短時間ですが見る必要がない広告は差し込まれますよ

  3. 匿名 より:

    番組が、盛り上りってきたら「ハイCMの後です。」「ハイ観ないで、と言う意味?、ハイ観ません。望み切ります」テレビ観なく成りました。
    本当に、困らない。スマホの充電中に買い物やゲームをしていれば、時間を潰せます。

タイトルとURLをコピーしました