●9のメインカテゴリーが表示されない場合は左にスライドして下さい。サブカテゴリーは記事下に設置しています。

鬼滅の刃はなぜ社会現象になったのか?【人気の理由】

f:id:toshikoro:20201119144215j:plain

 

 映画の動員数では日本記録を次々に更新し、漫画の売り上げは1億部を超えてしまうなど(電子書籍含む)、社会現象を巻き起こした「鬼滅の刃」。

 ブームになってから1年以上の間、その勢いが衰えることなく驚異的なな売り上げを記録しています。

 

 鬼滅の刃がここまでの社会現象になった理由を、時期や環境などの外的要因と作品の質にあたる内的要因に分けて考えてみました。

 

この記事には、鬼滅の刃のネタバレが多分に含まれています。


 

 

 


 

 

時期や環境などの外的要因

 

 

一般層・有名人が流行りに乗っかったため「バズッた」

 



 

 去年の秋から冬ごろにかけてのニュースを見て、流行りに乗っかった一般層も多いでしょう。なにかしらのランキング1位やトレンド入りをしたという情報が途切れることなく続き、それが一般層に伝わり始めたのもこの時期です。

 短期間の内に一般層に届いた情報量は、ワンピースや進撃の巨人がブームになった時よりも格段に多かったように感じます。

 

 アニメ放送開始時点の累計発行部数は約350万部でしたが、アニメ放送終了直後には1200万部になっていました。凄い上昇率ですが、この時点の発行部数としては他の人気作品と比べて驚異的というほどではありません。しかし、去年の年末にかけて一般層のファンを獲得すると2500万部(2019年末)と更に倍に増え、2020年2月には4000万部に達しても売り上げが落ちることはなく、2020年10月には1億部を超えています。12月には最終巻が発売されるためもっと数字を上げるでしょう。

 1年間での8800万部増加は、他の人気作にはなかった短期間での異常な数字です。

 

 「ワンピース」や「進撃の巨人」などある程度時間をかけて社会現象となった作品との違いは、SNS・動画サイトでの拡散が大きな役割を果たしたことでしょう。

いわゆる「バズり」と同じ状況で連鎖していき、その影響から2~3ヶ月の間にテレビでも話題にされるようになりました。SNS・TVなどで有名人が当然のように鬼滅の刃のことを口にし、LISAが紅白への出場を果たしたことも連鎖を長期化させる要因の一つです。

 

 ただ、メディアミックスやコラボの企画は1年経った今でも続いています。

 短期間のブームで終わらず未だに勢いが落ちないのは、後述する他の外的要因や内的要因と組合わさったり連鎖したからだと考えています。

 

 


 

サブスクなどの配信環境が整った

 



 

 鬼滅の刃は、アニメの1クール目から期待されていた人気作でしたが、2クール目からは更に人気が上がりました。1月分くらいの放送が終わった後でアニメの人気が高まっていったのは、サブスクなどで後追い視聴をした人が多かったからと考えられます(前半を見ずに後半分だけ見ていた人や、原作で補完した人もいるでしょうが)。

 

 実際、多くの動画配信サービスでも長い間ランキングの上位にとどまっていました。

 

コロナ禍の巣籠もり需要や、映画の公開時期も売り上げ増加に繋がった

 



 

 コロナ禍の巣籠もり需要で、原作漫画とネット配信が盛況となったのも理由の一つです。

 映画公開日はコロナの第2波が収まりかけたあたりでしたし、第3波が来る前に動員数を稼げたのも大きかったと思います。

 

 また、ライバルに成り得た大作がコロナ禍のため公開されず、その影響で上映館数を増やせた動員数を稼ぐことができました。

 

ヒット作のすき間需要があった

 

 社会現象になるには一般層の取り込みが必須ですから、そうした普段漫画を読まない層にも訴求力があり、かつ映画化や最新刊の発売などの展開が続いていく作品はここ数年出てきませんでした。

 ワンピース・進撃の巨人は連載が長期化して新規ファンの増加も頭打ちですし、デスノートもとっくの昔に完結して過去の作品となりました。劇場作品のジブリ作品や「君の名は」「天気の子」は2時間程度で視聴し終えて、その後の展開がありません。

 

 鬼滅の刃の特大ヒットは、新しくて適度な長さのある娯楽作品を求めていた需要とマッチし、更に勢いがついていったのだと思います。

 ブーム開始から一年経っても劇場作品が「千と千尋の神隠し」を超えそうなほどの動員数を記録しているのは、 「ワンピース」や「進撃の巨人」よりも相対的に新しい作品と思われているから、ということもありそうです。

 

最大公約数的にそこそこの支持を得る内容だったから、幅広い層にウケた

 



 

 尖った内容の作品よりも「努力・友情・勝利」を表現した正統派の作品の方が平均点が高くなます。一部の人に100点満点をつけられる内容よりも、多くの人に70点をつけられる内容の方が幅広い層に薦めることができますよね。

 

 それに、チャンバラ復讐劇は昔から人気のジャンルですから、高齢層にも受け入れられやすかったのでしょう。

 

アニメ化の時期や制作スタジオにも恵まれた

 


劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 予告編第1弾公開 !!

 

 単行本の巻数が20巻以下(放送当時)で、物語が佳境に入った時期にアニメ化されたのも幸運でした。

 新規ファンからすれば、結末を長々と待たされない事と、多くの巻数を買わなくて済む事が確定していた訳です。ワンピース・ナルト・ブリーチなどは50巻以上出ています。それらの作品よりお金や収納場所の負担が少なくて済み、終盤までの単行本を一気に揃えられるというのは大きな魅力です。

 

 アニメの制作スタジオ・ufotable(ユーフォーテーブル)がハイクウォリティな作画・原作描写の補完・ド派手な演出をしてくれたのが、大ヒットのきっかけになったことは言うまでもありません。

 しかしクオリティの高いアニメ化をしても、社会現象にはならなかった作品はいくつもあります。そうした作品と鬼滅の刃との違いは、上述してきた外的要因だけなく下記の内的要因もあると考えています。

 

 


 

 

一般層に受け入れられる設定・描写、ヒット作の定型、それらの効率化などの内的要因

 

テンポ良くサクサク進み、派手なバトルを定期的に挟む

 



 

 鬼滅の刃は、最近の人気少年漫画としては巻数が少なく(全23巻)、テンポ良く展開していくのでサクサク読めます。
 序盤の4巻で炭治郎達と敵側の幹部に当たる十二鬼月(下弦の伍)との戦いが始まり、8巻では剣士最高位の柱と鬼最高位の上弦との戦いが描かれました。そして、16巻から最終戦が始まるという内容の濃さです。

 

 他にも、序盤から終盤まで定期的に派手な戦闘を挟んでおり、緊張感を保ったまま読者を飽きさせませんでした。

 冗長さを感じない構成になっているので、一般層にも受け入れられたのだと思います。

 

定期的にカタルシスが味わえ、終わりがハッキリしている構成

 



 

 鬼滅の刃の物語は、「~編」と呼ばれるまとまった話ごとに終わりがはっきりしており、不完全燃焼感を殆ど残しません。敵を倒して舞台が移ると、前の舞台では共闘しなかった仲間(柱)が登場し、新しい鬼(十二鬼月)と戦います。そして、主人公が徐々に柱に認められ柱達と親交を深めていく、という定型で進行していきました。

 最終決戦を除けば3巻程度でまとまった内容の話を読めるので、忙しい現代人に向いている形式です。

 

 一つのまとまった話の最後に必ずカタルシスを味わえる展開を挟んでいるのも、読者を引き付けた大きな要因です。散々描写されてきた陰鬱・残酷な表現がバネのような蓄積となり、敵を倒す際に一気に解放されて多大なカタルシスを与えています。

 

ヒット作品の展開・設定の定型を効率よく使い、過程に必要なはずの描写を削っている

 



  

「縁壱は規格外だから、その呼吸を真似れば無惨撃破の決め手になる・記憶の遺伝など(主人公が考えついたり調べたりする必要がなくなる)」「匂いで感情が分かる(相手の心理を読み取る描写の削除)」「柱や十二鬼月など圧倒的な力を持つ集団を、他作品よりも早い時期に投入する(バトル漫画の一番美味しい部分を序盤に持ってくる)」など、ヒットしたジャンプ漫画の展開・設定をより効率的に用いたのも人気を高めています。

 

 特に効果を上げているのは、「あえて最初は悪い印象を持たせて好感度を低くし、後に同情的な描写や考えを改めさせる短い描写を入れる。そうすることで急な反動がつけられ、その勢いで好感度を急上昇させる」というやり方です。炭治郎とあまり絡んだことがなかった煉獄さんとも、最後はすごく親しい間柄だったかのようになっていました。でも、車内で駅弁を食べていた頃までは、キャッチボールになっていない会話しかしていません。

 

 柱は大体このパターンで、読者に親しまれる状態まで短期間の内にもっていっています。他作品でも使い古された手法ですが、作中で使われたページ数・コマ数を考慮すると恐ろしい効率であることが分かると思います。

 

 


 

 

幅広い層に受け入れられやすい名称・技・人物の設定

 


TVアニメ「鬼滅の刃」柱解禁PV

 

 作中では、「鬼」や「刀」など、オタクではない人でもパッと理解できる言葉が多く使われています。

 登場人物は和名で、「鬼殺隊」「鬼狩り」などの用語は予備知識なしで意味が通じるもので、この作品独自の名称の「~の呼吸」「全集中」なども親しみのある言葉を使っています。

 

 その「~呼吸」「全集中」の技が、子供などが気軽にマネしやすい技だったのもウケた理由の一つでしょう。

 活躍するのが子供や若者なので、少年が感情移入しやすかったということもありそうです。

 

 鬼滅の刃は、子供から高齢層まで取り込めるような人物設定になっていると思います。

 個性的な人物が多く登場する作品は他にも多くありますが、外見に関しては他作品よりも地味な剣士が多いです(恋柱や善逸という例外もいるが)。髪や肌の色が現実で見慣れていないカラフルなものばかりだったら、お年寄りなどの一般層は抵抗を示したかもしれません。鬼はモンスターなので、そういうもんだと納得できるのでしょう。

 

 性格や戦闘能力を含めた評価としても、○柱は若い男性に人気・縁壱と兄上は若い女性に人気・善逸は子供に人気・○柱は中高年に人気というように、幅広い層に親しまれるキャラクター達を生み出しています。

 

 また、ネット上では「隊士の格付けなどの設定を掘り下げなかったな」という感想をたまに聞きます。しかし、そういった予備知識が必要になりそうなものは、あまり掘り下げなくてよかったと思います。内容を理解するのに必要な専門用語が増えれば増えるほど、一般層が手を出しにくくなってしまいますから。

 

煩わしい現実を一時忘れられる、良い意味でのトンデモ設定

 

 主人公達が強くなった理由付けに、少年漫画的トンデモ理論があります(主に呼吸関連)。
 こうしたリアリティのない要素は揶揄されがちですが、一時現実を忘れるのに役立っ要素でもあります。というよりも、バトルものの少年漫画に非日常感を求める人も多いですから、多少リアリティのない方が楽しめるのかもしれません。


 大正という時代設定も、現代とは離れた世界を感じるのに役立っているのでしょう。

 

ただ戦うだけでなく、感情移入できる・励まされる・共感できる内容がある

 



 

 作中での戦いの多くは困難極まるもので、主人公達がそれに立ち向かう共感しやすい姿が描かれています。理不尽ともいえる状況の中で傷つく剣士達を見て、自分の辛い状況と重ねて応援したくなる人も多いでしょう。

 

 特に炭治郎は、自身も苦しい立場であるにも拘わらず人を励まし続けるような少年で、鬼にすら同情してしまうほど心持ちが優しい性格です。炭治郎の言動を見て、まるで自分が励まされているような気にもなる人もいるようです。

 無慈悲な鬼達にもそれぞれ背景があり、それが死の間際に走馬灯の形式で読者に伝えれているなどして、感情移入できるような描かれ方をしています。

 

 共感しやすい登場人物達の描写、励まされているような気持ちになれる言動、単に戦うだけでなく敵味方それぞれにドラマがある、というのも幅広い層にウケた要因かもしれません。

 

陰鬱になりすぎないよう適度にコメディ描写を挟んでいる

 



 

 鬼滅の刃は子供にも流行った作品にしては、残酷・猟奇的な表現や陰鬱な描写が数多くあります。

 そういうシーンばかりが続けば読者を暗い気持ちにさせてしまいますから、コメディ描写をチョイチョイ挟んでバランスを調整しています。最近のヒット作でよく見られる手法ですね。

 

 ただし、いくらかシリアスの度合いを緩めはいますが、ポンポン人が死んでいく緊張感を維持できるようにメリハリをつけて調整しています。

そうした緩急の付け方が上手いので読み進めやすい、というのもポイントでしょう。

 

 

 

 

 


 

www.toshikoro.com

www.toshikoro.com

www.toshikoro.com

 


 

プライバシーポリシー