「逆鱗に触れる」の誤用 【意味・語源・由来・例文】

f:id:toshikoro:20170430182018j:plain

 

 

 

 

 

「逆鱗に触れる(げきりんにふれる)」の意味

 

「逆鱗に触れる」の正しい意味

 

○ 目上の人の怒りを買う。

「逆鱗に触れる」の誤った意味

 

×怒りを買う。

 

 単に「怒りを買う」という意味で使っている人もいますが、「目上の人の怒りを買う」が正しい意味です。自分や同等以下の人が怒った時に使う言葉ではありません。

 

 感銘を受けるという意味の「琴線に触れる」と混同している人もいますね。全く違う意味なので、間違えないように注意しましょう。

 

 

「逆鱗に触れる」の語源・由来


 出典は、中国の春秋戦国時代思想書・『韓非子(かんぴし)』です。
 逆鱗は、龍のあごの下にある鱗のことで、一枚だけ逆さに生えているといいます。その鱗に触れた人は、龍の怒りを買い殺されてしまう、という話が語源になっています。
 天子(君主)が龍に例えられた事から、元は天子の怒りを受けるという意味でしたが、転じて「目上の人の怒りを買う」となりました。

 

「逆鱗に触れる」の例文

 

○あの先生は気難しい人だから、余計な事をして逆鱗に触れないように注意してね。

そういえば小学生の頃、ハサミを使った悪ふざけが母の逆鱗に触れてしまい、烈火の如く叱られた記憶があるな。

×「ねぇ、飲みに行かない?」としつこく部下を誘い続けたら、彼の逆鱗に触れてしまい「いい加減にしてください」と怒鳴られた。

×祖父の心ない一言が、私の逆鱗に触れた。

 

www.toshikoro.com

www.toshikoro.com

 

 

 

プライバシーポリシー