上記メインカテゴリーは左にスライドできます。サブカテゴリーは記事下に設置しています。

「偽夏油」とは【目的や正体、加茂や虎杖の母親との関係】

f:id:toshikoro:20210103225927j:plain

 

⚠注意

※この記事には、「呪術廻戦」の最新話までと前日譚の重要なネタバレが多分に含まれています。

 

 

呪術廻戦の強さランキングの記事も宜しくお願いします。

www.toshikoro.com


 

 

 



 

偽夏油(にせげとう)の概要・目的・天元の利用、放たれた1000の術師・呪物

 

偽夏油の概要・目的・天元の利用

 



 

 「偽夏油(にせげとう)、本名・繝索(けんじゃく)」は、前日譚で死亡した「夏油傑」の肉体を乗っ取っている呪詛師です。偽夏油が脹相の発言を肯定したので、過去に加茂憲倫の肉体を使っていた事が確定し、複数の肉体を転々としていることが判明しています。

 彼の術式は「自分の脳を他人の肉体に移植して、他人の肉体を転々と出来る」というもので、移植先の肉体の術式も使えます。

 

 偽夏油は「呪霊操術(じゅれいそうじゅつ)」の入手と獄門疆(ごくもんきょう)五条悟を封印するために、夏油傑の遺体を手に入れ自分の脳を移植しました。その封印の条件は「対象を有効範囲内に、脳内時間で1分の間留める」であり、五条の親友だった夏油の肉体で話しかけた結果、共に過ごした3年間の記憶を思いださせ封印に成功しています。

 五条が家入硝子に遺体の処理をさせなかったので、夏油の体が偽夏油に容易に渡ってしまったという経緯があります。

 

 作中での虎杖達と呪霊達との戦闘の多くには偽夏油が何かしらの形で関わっていて、彼は高専に内通者を忍ばせ工作していたようです。

 最大の障害である五条悟を封印するために、真人や自然の特級呪霊達と手を組んで暗躍していましたが、渋谷事変で虎杖達を前に現れこれまで謎だった目的を語りました。

 

 偽夏油は、五条に「封印はその内解くさ」「100年…いや1000年後かな」「君強すぎるんだよ」「私の目的に邪魔なの」「新しい世界でまた会おう」と言っており、新しい世界を作るために1000年ほどかかるような遠大な計画を進めています。

 それは、天元を利用して呪力を最適化し、人類を一つ上の段階へと進めることです。これまで海外に極端に術師・呪霊が少なかったのも、天元の結界が関係しているからでした。彼は、人々を現在の「非術師」「術師」「呪霊」という枠を超えた「新しい人間の可能性」に到達させるために、上記結界などを駆使して混沌とした状況平安時代のような呪術全盛の世」にしようとしています。

 偽夏油は、呪霊に近い存在となり天地そのものが自我となった天元と、日本に住む1億の人間を同化させ、「術師という枠すら超えた、そこにいてそこにいない新しい存在の形」にしようとしています。その対象は日本限定ですが、同化した日本人の内の一人でも暴走すれば1億の穢れが世界に流れ、全世界が現在の東京と同じように呪霊が跋扈する魔窟と化します。

 上述した通り、天元は呪霊に近い存在になったため「呪霊操術」の対象であり、偽夏油は天元接触し取り込もうとしているようです。

 

 偽夏油は、過去に天元と星漿体の同化を阻み天元の進化を促そうとしましたが、2回とも六眼(りくがん)の術師に敗北しています。2回目は、六眼の持ち主と星漿体(せいしょうたい)を生後一月以内に殺し続けたにも拘わらず、同化当日に現れた六眼の術師に負けたようです。その結果、邪魔をする六眼の術師を抹殺するのではなく、封印する方針に切り替えています。

 

 また虎杖は、夢で自分の父親「仁」と額に縫い目がある母親らしき女性を思い出しています。その縫い目が偽夏油と同じものなので、偽夏油が虎杖の母親の肉体を乗っ取っていた可能性が出てきました。

 虎杖の祖父は「あの女だけはやめとけ」「死ぬぞ」と警戒しており、父親の前妻・香織が死んだのもこの女性が原因と思っているようです。

 



 

1000の術師・呪物による殺し合い「死滅回游(しめつかいゆう)」で「人間の新しい可能性」に到達?

 

 呪術全盛の世にするには、五条封印の他に2つの条件を達成する必要がありました。

 一つ目は、「術式を持っているが脳の構造が非術師の者(吉野順平と同じタイプ)を無為転変で改造し、脳を術師のものにする」ことです。2つ目は、「呪物を取り込ませた者(虎杖悠仁と同じタイプ)の脳を無為転変で改造し、器としての強度を上げる」ことです。

 後者のグループには伏黒恵の姉・伏黒津美紀も入っており、彼女は偽夏油の呪力にあてられて昏睡状態にされていましたが、偽夏油が遠隔で無為転変を使い封印を解いたことによって目を覚ましています。

 前者と後者は悪意を持った1000人の虎杖悠仁というべき存在で、偽夏油が1000年かけて厳選した人材です。偽夏油はその1000人が殺し合う仕込みを既にしていて、そうすることで呪力への理解が深って上記「人間の可能性」に近づくといいます。

 

 それは「死滅回游(しめつかいゆう)」というポイント制のデスゲームでした。

 偽夏油に改造された人々は「死滅回游」への参加権があり、泳者(プレイヤー)となります。泳者は任意の結界(コロニー)で他の泳者を殺せば5ポイント・非術師を殺せば1ポイント与えられ、自分のものを除いて100ポイントを集めると「死滅回游」にルールを1つ追加できるといいます(死滅回游が永続できる範囲限定)。

 

 19日以内に参加を表明しなかったり、参加後19日以内にポイントが変動しない場合は術式を剥奪されてしまいます。術式の剥奪というのがそのままの意味で術式がなくなるだけなのか、結果的に命を失うなど他にペナルティーがあるのかは判明していません。

 泳者でないものも結界(コロニー)に入り込んだ時点で泳者扱いされるようです。

 

 また、管理者(ゲームマスター)は偽夏油ではないので、例え偽夏油を倒しても死滅回游は終わりません。泳者が全て死亡するか、泳者が全て参加を拒否して死亡するのが終了の条件です。

 天元はこのデスゲームを行う理由を「死滅回游は泳者の呪力と結界と結界で結んだ境界を使って、この国の人間を彼岸に渡す儀式だ」「それを慣らしとして私(天元)との同化を始めるつもりだろう」といっています。

 

 

「偽夏油」の術式、奪った夏油の「呪霊操術」と真人の「無為転変」

 

「脳を入れ替え、他人の肉体を転々と出来る術式」

 

 偽夏油の術式は上述した通り、「自分の脳を他人の肉体に移植して、他人の肉体を転々と出来る」というもので、移植先の肉体の術式も使えます。

 それに、移植した肉体の記憶を知ることができるため、夏油傑と加茂憲倫が生前に知っていた情報はほぼ把握していると考えられます。

 

 公式ファンブックで作者が「渡る時に元の肉体の術式は消えてしまうんですけど、彼はいろいろな手を打っている」と言っていますから、これまで乗っ取ってきた肉体の術式を使える可能性もあります。「元の肉体の術式」とは、単に「肉体を転々と出来る術式」のことかもしれませんが。

 また、偽夏油は反転術式を使えますが額の縫い目を治していません。その理由は、肉体を転々とする術式の縛りだからです。

 

 一度入れ替わってしまえば、五条の「六眼」でも偽物と見分けることは不可能です。

 ただし、夏油の肉体は五条の呼び掛けに反応して自分の首を絞めていますから、あの反応がかなりのレアケースだったとはいえ、肉体を完全にコントロールできる訳でもないようです。

 まぁ、九十九の「どんな女が好みだい?」という問いかけには無反応でしたけど(笑)。

 

 

「呪霊操術(じゅれいそうじゅつ)」

 



 

 「呪霊操術」は、降伏した呪霊を体内に取り込んで意のままに操ることが出来る術式で、現在偽夏油が自由に使える状態にあります。

 2階級以上の差がある呪霊を無条件で取り込むことができ、夏油は特級術師でしたから準一級までがこの条件に当てはまります。呪霊を取り込める限界量は不明ですが、夏油は百鬼夜行の直前に6500体程度の呪霊を取り込んでいました。

 主従関係のない呪霊だけでなく、主従関係にある呪霊も術師との契約を断ってしまえば取り込めます。

 

 この術式は133話で偽夏油が虎杖に対してやったように、準一級以上の呪霊が増えれば増えるほど畳み掛けることが可能で、すぐに入れ換えて分析させず攻撃し続けられます。

 手持ちの呪霊を一つにしてぶつける極ノ番「うずまき」は非常に高い威力を持ち、準一級以上の呪霊から術式の抽出をすることが出来ます。134話では三輪に「真人から無為転変の術式を抽出したうずまき」を放っていました。「手数の多さを捨てることになる」らしいので真人は消滅したようですが、その威力もさることながら「無為転変」など複数の術式が入手できるのは規格外の性能といえます。

 

「無為転変(むいてんぺん)」や術式の遠隔発動など複数の術式・結界術、呪物の作製

 

 偽夏油は、高度な結界術・術式の遠隔発動・「呪霊操術」・「うずまき」で抽出した「無為転変」など複数の生得術式・呪術が使えます。

 虎杖達と対峙した際には、呪霊操術で複数の準一級以上の呪霊を出して相手を翻弄し、伏黒津美紀など1000人の非術師の脳を遠隔の無為転変で改造していました。

 他にどの程度使用できる術式や呪術があるのかは判明していません。

 

 

また、偽夏油は「呪胎九相図」や「無為転変で改造した呪物の器」に取り込ませた呪物など、多くの呪物を収集・作製しています。前者は「人間の女性に呪霊の子を産ませ、その間に血を混ぜる」ことで作り、後者は「(偽夏油が)契約した術師達の成れの果て」だといいます。呪物の作製について抜きん出た知識と技術を持っているのは間違いないでしょう。 

 結界術に至っては、「私に次ぐ結界術の使い手」と天元に言われている通り、五条悟だけ入れない嘱託式の結界など高度な結界術を使用しています。

 



 

 

「偽夏油」の強さ

 

 ファンブックにて作者が「真人・漏瑚を呪霊操術で支配下における」「でも真人・漏瑚はかなりしんどい」と言っているので、この二体よりは強いようですね。しかし、しんどいとの事ですから実力がかなり近く、これは無為転変を抽出する前の評価です。

 

 準一級以上の呪霊を複数所持している偽夏油は、相手が分析し切る前に次々と呪霊を放って畳み掛けることができます。

 偽夏油は、加茂の弓・三輪の抜刀・真依の狙撃の連続攻撃を余裕でさばいており、脹相の「穿血」にすら普通に反応していますから、スピード・反応速度が相当高いです。まぁ、脹相に術式を仕込んだのは偽夏油なので警戒していたんでしょうが、それにしても良い動きでした。

 当たり前のように三輪の刀も破壊していましたし、肉体の強度も高そうですね。

 「うずまき」で抽出した無為転変を真人並みの精度で使うこともでき、真人・漏瑚に勝てるのなら何らかの領域対策をしているはずです。

 更に反転術式まで使えます。

 

 また、夏油は「うずまき」で完全顕現した里香にも勝てると踏んでいたので、乙骨に放たれたものと同じ質・量の呪霊を集められるのなら規格外の威力が出せるはずです(ただし当時乙骨は里香を扱いこなせていなかった)。

 他にも「うずまき」で抽出した術式を持っている可能性がありますし、偽夏油は1000年間かけて多くの呪物を作り出していますから、作中で明かされていない複数の攻撃手段を所持していてもおかしくはありません。

 現時点では、トップ5に入れるくらいの実力があると考えていいでしょう。

 

偽夏油が無為転変を完全に扱いこなせる場合

 

 偽夏油が抽出した無為転変を完全に扱いこなせるのなら、魂の輪郭を知覚出来なければダメージを与えられません。魂の知覚が出来ない者が勝つには呪力切れを狙うか、五条の「無量空処」のようなハメ技を使うしかないです。漏瑚はできないでしょうから、この場合は勝てる見込みが殆どないと思います。

 

 魔虚羅はありとあらゆるものに適応できるので、無為転変にも適応できる可能性はあります。

 適応できない場合も漏瑚と実力の近い偽夏油では触れるのも困難であり、無為転変があると言っても自己補完や術式を使う度に呪力を消費しますから、勝ちが確定している訳ではないです。法陣の回転で特殊なダメージである無為転変の回復ができるのかは不明ですが、出来ないとも限りません。

 まぁ、偽夏油が無為転変の領域展開ができれば当てるかもしれませんが、1級術師に手間取る威力が多少強化されても焼け石に水です(黒閃経験後は威力が上がっている可能性はある)。というか必中攻撃を当てている間に、2~3発食らいそうですね。

 

偽夏油が無為転変を完全に扱いこなせない場合

 

 上では真人のように無為転変を扱いこなせる前提で考察しましたが、呪力だけで存在する呪霊とは違い物質として存在する人間では、真人と同じことはできない可能性が高いと思います。術式の精度は同じとはいっても、真人のように魂の輪郭を知覚できないとダメージが与えられないという事はないでしょう(そう確定した訳ではないですが)。それに、生得領域(心の中)の具現化である領域展開が可能なのかも疑問です。

 上述したように、真人・漏瑚は呪霊操術で支配下におけるらしいので、かなりしんどいとのことですが勝つことはできます。

 

 上記2体を相手にするのがかなりしんどいのですから、魔虚羅にはまず勝てないでしょう。

 魔虚羅は漏瑚を圧倒した宿儺(指15本)と遜色のない膂力を持っており、これは漏瑚とは比にならないくらい高いハードルです。

 無為転変も一級術師とは比較にならないほどの数を当てなければならず、耐性をつけられる可能性が高いですし何より当てるのが難しいです。

 耐性をつけた後でも無為転変を何百発も当てれば殺せるかもしれませんが、その間ずっと偽夏油が無事だとは思えません。宿儺の「捌(ハチ)」は魔虚羅を一撃で殺せる威力がありましたが、耐性をつけられたため絶え間なく浴びさせても原型をとどめていました。無為転変の領域展開が出来たとしても耐性をつけられれば、魔虚羅を殺し切る前に殴り殺される可能性すらあります(真人の領域に絶え間なく当てる効果はない)。

 

 一方で、無為転変によるダメージは通常の負傷ではないため回復できるかどうかは分からないです。無為転変は回復不可で領域展開ができるのなら、「展開→適応前に複数回の必中攻撃」という事があり得なくはないです。とはいえ、七海に手間取った威力+αでは中々難しいでしょう。

 手持ちの呪霊全てを使ったうずまきなら致命傷になる可能性がありますが、出せたとしても最高レベルのゴリラに直撃するかどうかは疑問です。

 

 現在確定している情報だけで判断するならば、偽夏油が無為転変を完全に扱え通常攻撃が効かない場合は「五条・指20本宿儺>魔虚羅(無為転変適応可)>偽夏油(無為転変の領域展開あり)>魔虚羅(適応・回復不可)=偽夏油(無為転変の領域展開なし)>真人・漏瑚」くらいで、偽夏油が無為転変を完全に扱えず通常攻撃が効く場合は「五条・指20本宿儺>魔虚羅>偽夏油>真人・漏瑚」に思えます。

 



 

 

「偽夏油」の正体・中身は、九十九由基ではなく加茂憲倫

 

正体は加茂憲倫の肉体を乗っ取り、それ以外にも乗っ取りを繰り返してきた人物

 



 

 134話で、偽夏油の正体が「加茂憲倫」の肉体を乗っ取り、それ以外にも乗っ取りを繰り返していた人物と確定していました。

 136話では「千年前から私がコツコツ契約した~」と発言しているため、少なくとも平安時代から生きている人物であることが分かっています。

 

 宿儺を慕っていた裏梅と組んでいますし、「宿儺の動きがさ」「少し私のイメージとズレる」「宿儺にとっての地雷がいる」と宿儺の行動の意図を正確に読んでいました。

 「聞いてるかい? 宿儺。始まるよ」「再び、呪術全盛、平安の世が…!!
と呼び掛けてもいるので、宿儺とも面識があったのかもしれません。

 宿儺が真人を見逃した時の表情も意味深な感じでした。古い知り合いである偽夏油が近くにいることが分かり、真人のポケモン化を察したため殺さなかったと考えることもできます。

 

 ただし、偽夏油にとって宿儺を五条にぶつけるのはサブプランであり、虎杖を殺害しようとする呪霊達を止めようとはしなかったので、大して親しくない間柄という事になりますけど。

 

偽夏油が虎杖の母親だったのか?

 



 

 上述したように、143話で虎杖の父親「仁」と、額に縫い目がある母親らしき女性が登場しています。

 偽夏油は、133話で虎杖に「我ながら流石と言うべきか」「宿儺の器タフだね」と、自分のおかげと取れるような発言をし、脹相も「虎杖を!! 弟を!!」「殺させようとしたな!!」と言っています。

 ですから虎杖は、偽夏油=加茂憲倫に作られた「呪胎九相図」に関する呪物で、宿儺の器としての性質を意図的に仕込まれた可能性があります。というよりも偽夏油が虎杖の母親の体を乗っ取って、虎杖を産み落としたという可能性が高まってきました。「呪胎九相図」を産んだ母親の肉体が保存されていたか、その母親に関係する人物の肉体で産んだと考えることもできます。

 

 虎杖の中学生時代の同級生が登場しており、作者が「あのお爺ちゃんと暮らしていたんですから小6くらいで絶対代打ちとかやらされてる」と言っています。赤ん坊の頃の悠仁も描写されたので人間として暮らしてきたのは確かのようですから、生まれる前の出来事に超人的な肉体の強さの謎があるのでしょう。

 虎杖にわざわざ「君には期待しているよ」と言っているのも意味深です。

 

「存在しない記憶」は虎杖の能力ではない

 



 

 作者が上記番組で「存在しない記憶は虎杖の能力ではない。東堂と脹相が存在しない記憶を見たのは別の理由」と発言しています。

 脹相は、虎杖と呪胎九相図の弟達が仲良く過ごしている「存在しない記憶」を見ていました。能力ではない以上、ああいった形で「存在しない記憶」が脳裏をよぎったのは、脹相のイメージである可能性が高いでしょう。

 脹相は135話で「俺の術式の影響なんだ。血の繋がった弟達の異変はどんなに遠くにいようと感じとれる」と言っていますから、血の繋がっている虎杖を殺しかけた時にその死を感じた結果、ああいったイメージしたのだと思います。

 

 東堂の「存在しない記憶」は彼がイカれていただけ、という事で十分納得できますね(笑)。

 

 

九十九由基(つくもゆき)と偽夏油は無関係だった

 



 

 偽夏油の正体は九十九由基ではないかとの疑惑がありましたが、135話で偽夏油の前に九十九由基が登場しています。これによって、偽夏油=九十九説は完全に崩れました。

 偽夏油は、同じ進化を促そうとする者として九十九由基を意識してるようで、上述した彼の理想をちょっと浮かれながら語っていました。

 

 

 



 

 

呪術廻戦の強さランキングの記事も宜しくお願いします。

www.toshikoro.com

 

www.toshikoro.com

www.toshikoro.com

www.toshikoro.com

 


 

プライバシーポリシー