●9のメインカテゴリーが表示されない場合は左にスライドして下さい。サブカテゴリーは記事下に設置しています。

「魚心あれば水心」の良い意味・悪い意味での使い方と例文

f:id:toshikoro:20200926164707j:plain

 

 

 

 

「魚心あれば水心」の読み・意味・使い方・例文・語源・由来

 

「魚心あれば水心」の読み

 
読み

■ 魚心あれば水心(うおごころあればみずごころ)

 

 

「魚心あれば水心」の意味

 

意味

■ 相手が好意を示せば、こちらも好意を持って接する気になる。

 

 

「魚心あれば水心」の使い方・例文

 

 「相手の態度次第で、自分の態度を決める」「好意的な態度をとったので、心を通じ合わせられた」という意味合いで多く使われています。

 上記の意味のように、元々はネガティブな意味合いでは使われていませんでした。ですが最近では、「恩を売った相手に見返りを要求をする場合」「これから何かしてあげる代わりに、高い見返りを求めようとしている場合」にも使われています。

 

例文

■ 来週から転校生がやってくるらしいが、魚心あれば水心の接し方をしようと思っている。

 

■ 魚心あれば水心というが相手が気さくに話しかけてくれたので、こちらとしても楽しく会話ができた。

 

■ 魚心あれば水心で、同盟国は我が国の支持を表明するだろうが、それは相応の見返りを要求するためだ。

 

■ 魚心あれば水心という事で、Bは金を貸した見返りを求めているらしい。

 

 

「魚心あれば水心」の類義語

 

類義語

■ 落花流水(らっかりゅうすい)…男性に女性を慕う心があるのなら、女性にも情が生まれて受け入れてくれること。

 

■ 網心あれば魚心(あみごころあればうおごころ)…相手の出方によって、自分の対応を決める。

 

 

「魚心あれば水心」の対義語

 

対義語

落花情あれども流水意なし(らっかじょうあれどもりゅうすいいなし)…散って川に落ちた花は流水を慕うが、川の水は花を知らぬ顔で受け流すこと。

 

 

「魚心あれば水心」の由来・語源

 

 「魚心あれば水心」の由来は「魚、心あれば、水、心あり」という語で、「水に棲息する魚がその水に親しむ心を持てば、水の方もそれに応じた心を持つ」という意味を表していました。

 後に、「魚心」「水心」と短縮された形で誤用されるようになり、現在の形と意味に変化しました。

 

言葉の意味【誤用とは言い切れない】カテゴリーの記事一覧

誤用されがちな日本語の一覧【意味の定着と変化】

よく読み間違えられる漢字130選+誤読とは言い切れない読み

 

 

 

プライバシーポリシー