●9のメインカテゴリーが表示されない場合は左にスライドして下さい。サブカテゴリーは記事下に設置しています。

「石の上にも三年」とは【意味・由来・類語・例文】

f:id:toshikoro:20200919155631j:plain

 

 

 

 

「石の上にも三年(いしのうえにもさんねん)」の読み・意味・使い方・例文・語源・由来

 

「石の上にも三年」の読み

 
読み

石の上にも三年(いしのうえにもさんねん)

 

 

「石の上にも三年」の意味

 

意味

我慢強く辛抱していれば、やがて報われること。

 

 

「石の上にも三年」の使い方・例文

 

 物事を続けるかどうか迷っている人に、継続を促したり励ましたりする場合や、努力して結果が出た場合に多く用いられます。

 ですが「やがて報われる」の部分が抜けて 、単に「我慢強く辛抱していかなければならない」という意味で使うのは誤用です。

 

例文

例文1:最初は練習に付いていけなくて辛いだろうが、石の上にも三年と思って続けれいれば必ず成長することができる。

 

例文2:石の上にも三年の努力が実を結び、昇進することになった。

 

例文3:石の上にも三年というし、もう少しこの仕事を続けてみないか。

 

例文4:石の上にも三年の気持ちで努力していけば、やがて一人前の職人になれるだろう。

 

 

「石の上にも三年」の類義語

 

類義語

塵も積もれば山となる(ちりもつもればやまとなる)…些細なものでも、積もり重なれば高大なものとなる。

 

継続は力なり(けいぞくはちからなり)…挫けずに続けていけば目標を達成できる。

 

待てば甘露の日和あり(まてばかんろのひよりあり)…根気よく待てば、その内よい機会が巡ってくる。

 

 

「石の上にも三年」の由来・語源

 

 冷たい石の上でも長い間座っていれば温かくなることから、忍耐や継続することの大切さを表すようになりました。

 「石の上にも三年」の「三年」は、「長い期間」の例えとして使われています。

 

言葉の意味【誤用とは言い切れない】カテゴリーの記事一覧

誤用されがちな日本語の一覧【意味の定着と変化】

よく読み間違えられる漢字130選+誤読とは言い切れない読み

 

 

 

プライバシーポリシー