●9のメインカテゴリーが表示されない場合は左にスライドして下さい。サブカテゴリーは記事下に設置しています。

「石橋を叩いて渡る」とは【意味・由来・類語・例文】

f:id:toshikoro:20200919160359j:plain

 

 

 

 

「石橋を叩いて渡る(いしばしをたたいてわたる)」の読み・意味・使い方・例文・語源・由来

 

「石橋を叩いて渡る」の読み

 
読み

石橋を叩いて渡る(いしばしをたたいてわたる)

 

 

「石橋を叩いて渡る」の意味

 

意味

用心の上にも用心をする。念には念を入れる。

 

 

「石橋を叩いて渡る」の使い方・例文

 

 この語は、用心深いことに対して使われますし、「~さんは、石橋を叩いて渡るタイプだね」などと用心深い性格を表す際にも使われます。
 他には、過度に用心する人や臆病な人に対して、皮肉や呆れを込めて使われることもあります。

 

例文

例文:石橋を叩いて渡るように準備してきたので、一発で難関資格が取れた。

 

例文:石橋を叩いて渡るようなやり方に変えれば、失敗の数がかなり減ると思うよ。

 

例文:Fさんは石橋を叩いて渡るタイプだから、そんな軽率なことはしないだろう。

 

例文:いくら何でも仕事が遅すぎる。石橋を叩いて渡るようにやれとは言ったが、ものには限度があるぞ。

 

 

「石橋を叩いて渡る」の類義語

 

類義語

転ばぬ先の杖(ころばぬさきのつえ) …前もって用心していれば失敗しない。

 

念には念を入れる(ねんにはねんをいれる)…注意した上にも注意する。

 

 

「石橋を叩いて渡る」の対義語

 

対義語

当たって砕けろ(あたってくだけろ) …成功する確信が持てなくても、思いきってやってみるべき。

 

一か八か(いちかばちか)…結果がどうなるか分からないことを、運を天にまかせてやってみる。伸るか反るか。

 

伸るか反るか(のるかそるか)…成功するかどうか予想がつかないことを、運を天にまかせてやってみる。一か八か。

 

 

「石橋を叩いて渡る」の由来・語源

  

 昔は木で出来た脆い橋が多くあり、そういう木の橋が壊れて事故に巻き込まれる危険性がありました。一方、多くの人は石で出来た橋ならば、「壊れて事故に巻き込まれる危険性は少ないだろう」と考えていたそうです。

 

 ですが、中には壊れそうにもない堅固な石橋でも、一応叩いてみて安全を確認する慎重な人もいました。
 そうした様子から、「用心の上にも用心をする。念には念を入れる」の意味で使われるようになったといいます。

 

言葉の意味【誤用とは言い切れない】カテゴリーの記事一覧

誤用されがちな日本語の一覧【意味の定着と変化】

よく読み間違えられる漢字130選+誤読とは言い切れない読み

 

 

 

プライバシーポリシー