●9のメインカテゴリーが表示されない場合は左にスライドして下さい。サブカテゴリーは記事下に設置しています。

「犬も歩けば棒に当たる」とは【意味・使い方・語源・例文】

f:id:toshikoro:20200923134310j:plain

 

 

 

 

「犬も歩けば棒に当たる(いぬもあるけばぼうにあたる)」の読み・意味・使い方・例文・語源・由来

 

「犬も歩けば棒に当たる」の読み

 
読み

犬も歩けば棒に当たる(いぬもあるけばぼうにあたる)

 

 

「犬も歩けば棒に当たる」の意味

 

意味

何かをしようとすれば、思いがけない災難に遭う。何かをしようとすれば、思わぬ幸運に恵まれる。

 

 

「犬も歩けば棒に当たる」の使い方・例文

 

 現在は、「何か行動を起こすと思わぬ幸福に恵まれる」という前向きな意味でよく使われます。「何か行動を起こすと思いがけない災難に遭う」と戒める意味ではあまり使われなくなりました

 

例文:犬も歩けば棒に当たるという言葉もあるので、片っ端から会社の面接を受けてみたら内定をもらえた。

 

例文:犬も歩けば棒に当たるというし、副業でも始めたら案外上手くいくかもしれないな。

 

例文:転職していったGは新しい上司と反りが合わないらしく、ウチに戻りたいと嘆いていたよ。犬も歩けば棒に当たるとはこの事だね。

 

例文:犬も歩けば棒に当たるというように、余計な事はしない方がいいんだ。

 

 

「犬も歩けば棒に当たる」の由来・語源

 

 「犬も歩けば棒に当たる」は「江戸いろはかるた」に由来のある言葉で、一首目に採用されています。

 「棒に当たる」は、「棒で殴られること」を意味しています。昔は多くの野良犬が町の中をうろついており、追い払おうとする人間に棒で叩かれていました。このことから、「出しゃばると思わぬ不幸な目に遭う」と戒める意味で用いられていました。

 

 「当たる」という字から運の良い印象を受けるからか、現代では「何かをしようとすれば、思わぬ幸運に恵まれる」という意味でも用いられています。

 

言葉の意味【誤用とは言い切れない】カテゴリーの記事一覧

誤用されがちな日本語の一覧【意味の定着と変化】

よく読み間違えられる漢字130選+誤読とは言い切れない読み

 

 

 

プライバシーポリシー