●9のメインカテゴリーが表示されない場合は左にスライドして下さい。サブカテゴリーは記事下に設置しています。

ことわざ「井の中の蛙大海を知らず」の意味や例文、続き等を解説

f:id:toshikoro:20200925165326j:plain

 

 

 

 

井の中の蛙大海を知らず」の読み・意味・使い方・例文・語源・由来

 

井の中の蛙大海を知らず」の読み

 
読み

井の中の蛙大海を知らず(いのなかのかわずたいかいをしらず)

 

 

井の中の蛙大海を知らず」の意味

 

意味

狭い知識・考えにとらわれてしまい、広い世界があることを知らない。

 

 

井の中の蛙大海を知らず」の使い方・例文

 

 「狭い世界のことや考えで得意になっている」と指摘したり、「世間知らずだ」と戒めたりしたりする場合に多く使われます。

 

彼は、地元では負けなしかもしれない。だが井の中の蛙大海を知らずで、全国では通用しないだろう。

 

入社一年目の後輩は、仕事や社会に対して自分なりの考えを持っているようだが、その内容は井の中の蛙大海を知らずとしかいいようのないものだ。

 

地元以外で暮らしたこともなく転職したこともないので、「自分は井の中の蛙大海を知らずなのだろうか」と思うことがある。

 

好みの新聞や本などを読んでいるだけでは知識が偏ってしまい、井の中の蛙大海を知らずになってしまうかもしれない。

 

 

井の中の蛙大海を知らず」の類義語

 

類義語

御山の大将(おやまのたいしょう)…狭い範囲の中で、一番偉そうに振るまうこと。

 

 

井の中の蛙大海を知らず」の由来・語源

 

 荘子」の「秋水(しゅうすい)篇」の一節が由来で、その原文には「井戸の底にいる蛙に海のことを話しても分からないのは、自分が住んでいる狭い世界にこだわっているからだ」とあります。この原文を元に、「井の中の蛙大海を知らず」という故事成語が生まれました。

 

 「井の中の蛙大海を知らず」の後には日本人が付け加えたと考えられている、「されど空の蒼さを知る(井戸の底から見える空の蒼さは知っている)」という続きがあります。これが加わることで「井戸の中のような狭い範囲しか知らないからこそ、その世界の深い部分や細かい部分まで理解しているのだ」という前向きな意味となります。

 他にも「されど井の中を知る」「されど天の高さを知る」「されど地の深さを知る」「ただ天の広さを知る」など、日本人が付け加えたとされる続きは複数あります。

 

 また、原文の続きには「井の中の蛙」以外にも、「夏の虫」や「心が邪な人」が狭い世界しか知らない例として挙げられています。

 

言葉の意味【誤用とは言い切れない】カテゴリーの記事一覧

誤用されがちな日本語の一覧【意味の定着と変化】

よく読み間違えられる漢字130選+誤読とは言い切れない読み

 

 

 

プライバシーポリシー