「後は野となれ山となれ」とは【意味・由来・類語・例文】

「後は野となれ山となれ(あとはのとなれやまとなれ)」の読み・意味・使い方・例文・語源・由来

「後は野となれ山となれ」の読み

読み

後は野となれ山となれ(あとはのとなれやまとなれ)

「後は野となれ山となれ」の意味

意味

目先の事さえ上手くいけば、後はどうなってもかまわない。

「後は野となれ山となれ」の使い方・例文

後の事はもうどうにでもなれという意味で、開き直って使う言葉です。非常に無責任な意味の言葉ですが、状況によっては潔く見えることもあります。

「目先の事さえよければ~」という意味合いで使う言葉ですから、「ある特定のものさえよければ~」という意味では使えません

「目先の事を上手くいくようにして、その後の事も上手くいくようにする」と、責任を放棄しない意味で使うのも誤用です。

例文

例文:町内会長になったが、仕事が繁忙期になれば町内会の活動が段々と出来なくなるだろう。まぁ、無理矢理押し付けられた役職だし、後は野となれ山となれだ。

例文:先週バイトを始めたK君は、後は野となれ山となれとばかりに突然辞めてしまったらしい。

例文:期末テストが近いから勉強しなければいけないのに、全くやる気が起きない。今日も後は野となれ山となれと思いながら、一日中ゲームをやってしまった…。

例文:後は野となれ山となれと言わんばかりの借金漬け。この国は、一体どうなってるんだ。

「後は野となれ山となれ」の由来・語源

「後は野となれ山となれ」の語源と考えられているのは、近松門左衛門浄瑠璃『冥途の飛脚(めいどのひきゃく)』です。

飛脚問屋の忠兵衛が遊女を解放するために横領して逃亡するシーンに、「あとは野となれ大和路(やまとじ…故郷の大和新口村に向かうための道)や」とあり、この投げやりな一節から生まれたといわれています。

他には、誰かが「作物を収穫した田畑がどうなっても知ったことではない」と話し、その発言が伝わって「後は野となれ山となれ」が出来た、という説もあります。

「後は野となれ山となれ」の類義語・対義語

類義語

旅の恥はかき捨て(たびのはじはかきすて) …旅先で恥をかいても、その場限りのものだ。

対義語

立つ鳥跡を濁さず(たつとりあとをにごさず) …立ち去る人は、あとが見苦しくないように始末をしていくべき。

www.toshikoro.com

www.toshikoro.com

www.toshikoro.com

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です