●モバイル端末は、上のメインカテゴリーを左にスライドして見て下さい。サブカテゴリーは記事下に設置しています。

「矢先」の誤用『~した直後という意味ではない』

f:id:toshikoro:20200904155039j:plain

 

 

 

 

 

「矢先(やさき)」の意味・誤用

 

「矢先」の本来の意味

○ 物事が始まろうとする、ちょうどその時。

「矢先」の新しい意味

× ~した直後。

 

 「矢先(やさき)」の本来の意味は「物事が始まろうとする、ちょうどその時」で、「~した直後」は新しい意味です。

 元々「始まる直前」を指す言葉ですから、「過去形+矢先」の形では使えません。前の言葉を過去形にすると、「既に終わった事=直後」という意味になってしまうからです。ですが、「~ようとした」「~うとした」は、「ちょうど~をしようとしていた(する直前の状態)」という意味なので使うことができます。

 

 広辞苑(第6版)や三省堂国語辞典(第7版)など少数の辞書では「直後」の意味を載せており、今後他の辞書も追随するかもしれません。そうして多くの辞書が正しい意味として説明するようになれば、誤用とはいえなくなるでしょう。 

 

 

 

 

「矢先」を使った例文

 

○ 帰宅しようとした矢先に上司に呼び止められた。

○ それは、子供を迎えに行こうとする矢先の出来事だった。

× レジで支払いを済ませた矢先に、追加の買い物を頼む電話が掛かってきた。

× 飲食店を開業した矢先に、コロナ禍が起こりました。

 

 

「矢先」の類義語

 

◻折も折(おりもおり)…丁度その時。

◻直前(ちょくぜん)…物事が起こるすぐ前。 

 

 

「矢先(やさき)」のまとめ

 

まとめ

 

◼「矢先(やさき)」の意味

 

○ 本来の意味…「物事が始まろうとする、ちょうどその時」

× 新しい意味…「~した直後」

 

 

◼「矢先」の類義語

 

◻折も折(おりもおり)…丁度その時。

◻直前(ちょくぜん)…物事が起こるすぐ前。

 

言葉の意味【誤用とは言い切れない】カテゴリーの記事一覧

誤用されがちな日本語の一覧【意味の定着と変化】

よく読み間違えられる漢字130選+誤読とは言い切れない読み

 

 

 

プライバシーポリシー