「そうは問屋が卸さない」の意味・誤用 『そうは問屋が許さない』ではない

言葉【さ行】

「そうは問屋が卸さない(そうはとんやがおろさない)」の誤用・意味・言い方・使い方

本来の言い方

○ そうは問屋が卸さない(そうはとんやがおろさない)

誤った言い方

× そうは問屋が許さない(そうはとんやがゆるさない)

□ 「そうは問屋が卸さない」の意味…物事はそのように簡単に運ぶものではない。

□ 「問屋」の意味…江戸時代の卸売業者(商品を買い入れ、主に小売業者・他の卸売業者に販売する流通業者)

□「そう(然う)」の意味…「そのように」「そんなに(後に打消しの後を伴う)」。副詞。

本来の言い方が「そうは問屋が卸さない(そうはとんやがおろさない)」なので、「そうは問屋が許さない(そうは問屋が許さない)」という使い方は誤用です。

「そんなに簡単にはいかない」「考えが甘い」と諭したりたしなめたりする場合に用いられます。

「問屋」は江戸時代の卸売業者のことで、「商品を買い入れ、主に小売業者・他の卸売り業者に販売する流通業者」を意味します。

他の業者から極端な安値で売れと言われても、問屋は利益を出そうとするので、そんな値段では卸しません。ですから「そうは問屋が卸さない」は、「物事はそのように簡単に運ぶものではない」ことを例えているのです。

平成27年度に実施された国語に関する世論調査では、本来の言い方「そうは問屋が卸さない」を選んだ人が70.4%誤った言い方「そうは問屋が許さない」を選んだ人が23.6%という結果が出ています

「そうは問屋が卸さない」を使った例文

○ 安易に起業して儲けようなんて、そうは問屋が許さないぞ。

○ どうもBは、ろくに勉強せずに中間テストを乗り切ろうとしているようだ。しかし、そうは問屋が卸さないだろう。

× 掃除当番の早川くんが黙って帰ろうとしていたので呼び止めた。一人だけ楽をしようとしてもそうは問屋が許さないよ。

× 楽なダイエットで痩せようとしてみたけど、そうは問屋が許さなかったな…。

「そうは問屋が卸さない」の類義語

◻花発いて風雨多し(はなひらいてふううおおし)…物事には邪魔がつきもので、思うようにならないものだということ。

◻そうは烏賊の金玉(そうはいかのきんたま)…そうはいかないということ。

「そうは問屋が卸さない(そうはとんやがおろさない)」のまとめ

まとめ

◼ 言い方・意味

○ 本来の言い方…「そうは問屋が卸さない(そうはとんやがおろさない)」

× 誤った言い方…「そうは問屋が許さない(そうは問屋が許さない)」

□ 意味…物事はそのように簡単に運ぶものではない。

□ 使い方…「そんなに簡単にはいかない」「考えが甘い」と諭したりたしなめたりする場合に用いる。

◼ 類義語

◻花発いて風雨多し(はなひらいてふうおおし)…物事には邪魔がつきもので、思うようにならないものだということ。

◻そうは烏賊の金玉(そうはいかのきんたま)…そうはいかないということ。

こちらの記事も宜しくお願いします。

誤用されがちな言葉の一覧【意味・定着・変化まとめ】
文化庁の「国語に関する世論調査」で取り上げられた言葉を中心に、よく誤用される130の言葉をまとめてみました。
言葉【意味・誤用】
「言葉【意味・誤用】」の記事一覧です。
厳選記事
「厳選記事」の記事一覧です。
タイトルとURLをコピーしました