●9のメインカテゴリーが表示されない場合は左にスライドして下さい。サブカテゴリーは記事下に設置しています。

「小春日和」の誤用『春先の暖かい晴天という意味ではない』

f:id:toshikoro:20200901170036j:plain

 

 

 

 

 

「小春日和(こはるびより)」の意味・誤用

 

「小春日和」の正しい意味

○ 晩秋から初冬にかけての穏やかで暖かい晴天。

「小春日和」の誤った意味

× 春先の穏やかで暖かい晴天。

 

 「小春日和(こはるびより)」の正しい意味は「晩秋から初冬にかけての穏やかで暖かい晴天」ですから、「春先の穏やかで暖かい晴天」という意味ではありません。

 つまり、「冬の終わりの暖かい日」ではなく「冬の初めの暖かい日」を表しています。「小春」という字が使われているので勘違いされやすいですが、意味を間違えないようにして下さい。「本格的な寒さが訪れる前の時期の暖かい日」という意味合いで用いましょう。

 

 小春日和は低気圧が通りすぎた後に、大陸から張り出した高気圧が日本を覆うなどして発生します。

 

 また、「小春」は元々旧暦十月の別名で(小六月ともいう)、新暦では11月~12月初めに当たり、俳句では冬の季語として使われています。

 

 「小春日和」に相当する言葉は外国にもいくつかあるようで、アメリカでは「インディアン・サマー」、イギリスでは「聖マルタンの夏」「聖リュークの夏」、ヨーロッパでは「老婦人の夏」「カワセミの日」、ロシアでは「バービエ・レータ(婦人の夏)」と呼ぶといいます。

 

 

 

 

「小春日和」の類義語

 

◻日和(ひより)…よく晴れた天気。

◻秋晴れ(あきばれ)…秋のよく晴れた天気。

 

 

「小春日和」を使った例文

 

○ 寒いのが苦手だから、師走にこの小春日和はすごく嬉しい。

○ まだ年も明けてないのに、ポカポカと暖かい小春日和となった。

× 冬もそろそろ終わりなので、小春日和の過ごしやすい日が増えてきた。

× 桜も咲き始めましたし、今日は気持ちの良い小春日和ですね。

 

 

「小春日和(こはるびより)」のまとめ

 

まとめ

 

◼「小春日和(こはるびより)」の意味

 

○ 正しい意味…「晩秋から初冬にかけての穏やかで暖かい晴天」

× 間違った意味…「春先の穏やかで暖かい晴天」

 

 

◼「小春日和」の類義語

 

◻日和(ひより)…よく晴れた天気。

◻秋晴れ(あきばれ)…秋のよく晴れた天気。

 

 

 

 

 

www.toshikoro.com

www.toshikoro.com

www.toshikoro.com

 

 

プライバシーポリシー