●9のメインカテゴリーが表示されない場合は左にスライドして下さい。サブカテゴリーは記事下に設置しています。

「寝る」と「眠る」の意味の違いを例文を交えて簡潔に解説

f:id:toshikoro:20200629212517j:plain

 

 

 

 

「寝る(ねる)」の意味・使い方・例文・対義語

 

「寝る」の意味・例文

1.まぶたを閉じて意識の無い状態になる(眠るの1と同じ意味)。

例文「仕事から帰ったら妻はもう寝ていた」

 

2.寝床につく。

例文「明日も早いんだから、さっさと寝なさい」

 

3.病気で寝込む。

例文「この数日間、インフルエンザに罹って寝込んでいました」

 

4.人が横たわる。本来立っているものが横になる。

例文「寝ながらスマホを見る」

 

5.異性と同衾する。

例文「彼と初めて寝た」

 

6.商品が売れ残る。資金が動かない状態。

例文「寝ていた在庫商品がようやく売れ始めた」

 

7.醤油や酒などがよく仕込まれた状態。

例文「手間暇かけて育てたぬか漬けは本当に美味しい」

 

 「寝る(ねる)」には、「眠る」と同じ意味「1.まぶたを閉じて意識の無い状態になる」が含まれています。この1の意味に体勢は関係ありません。

 

 しかし、2~5の意味の中心は「横たえること」にあります(意味4は物を含む)。これらの意味は睡眠の状態だけでなく、これから睡眠をとろうとする状態や、体を横たえながら活動している状態にも使うことが可能です。

 ですから「寝ながらスマホを見る」という使い方ができます。

 「寝る」の人を対象とする意味は、「横たわった状態か、無意識の状態」 と覚えましょう。

 

 他に「6.商品が売れ残る。資金が動かない状態」「7.醤油や酒などがよく仕込まれた状態」という意味もあります。

 

 対義語は「起きる」です。

 

 

 

 

「眠る(ねむる)」の意味・使い方・例文・対義語

 

「眠る」の意味・例文

1.まぶたを閉じて意識の無い状態になる(寝るの1と同じ意味)。

例文「子供がすやすやと眠っている」

 

2.死ぬ。埋葬されている。

例文「故郷にはご先祖様が眠っている」

 

3.活用されていない状態である。

例文メタンハイドレートは海底に膨大な埋蔵量があるという」

 

4.活動をせずに静かな状態である。

例文「草木も眠る丑三つ時」

 

5.目を閉じる。

 

 上述したように「眠る(ねむる)」には、「寝る」と同じ意味「1.まぶたを閉じて意識の無い状態になる」が含まれていて、全ての意味が「体を横たえていない状態」にも使えます。体勢が制限されないのが「寝る」との違いです。

 

 また、意味5の「目を閉じる」以外は、「活動していない状態」「活用されていない状態」にあります。

 

 「眠る」の意味の中心は「まぶたを閉じて無意識であること」にありますから、眠りながらスマホを見ることはできません。

 「眠る」の人を対象とする意味は、「無意識の状態か、目を閉じた状態」と覚えましょう。 

 

 対義語は「覚める」です。

 

 

「寝る」「眠る」の違いのまとめ

 

まとめ

 

◼「寝る(ねる)」と「眠る(ねむる)」の共通の意味

 

◻「睡眠をとる」は共通の意味で、体勢を限定せずに使える。

 

 

◼「寝る」の意味・使い方

 

◻「寝る(ねる)」の意味は「横たわった状態か、無意識の状態」 を表し、睡眠以外の状態にも使うことが可能。

 

 

◼「眠る」の意味・使い方

 

◻「眠る(ねむる)」の意味は「無意識の状態か、目を閉じた状態」を表し、「体を横たえていない状態」にも使うことができる。

 

言葉の意味【誤用とは言い切れない】カテゴリーの記事一覧

誤用されがちな日本語の一覧【意味の定着と変化】

よく読み間違えられる漢字130選+誤読とは言い切れない読み

 

 

 

プライバシーポリシー