「寝覚めが悪い」の誤用・意味 『目覚めが悪い』ではない

言葉【な行】

「寝覚めが悪い(ねざめがわるい)」の誤用・意味

本来の言い方

○ 寝覚めが悪い(ねざめがわるい)

誤った言い方

× 目覚めが悪い(めざめがわるい)

□ 意味…過去にした行為を思いだし、良心の呵責に苛まれる。

本来の言い方が「寝覚めが悪い(ねざめがわるい)」なので、「目覚めが悪い(めざめがわるい)」という使い方は誤用です。

「眠りから覚めたときの気分が悪い」という意味が転じて、「過去にした行為を思いだし、良心の呵責に苛まれる」という意味が生まれました。

平成27年度に文化庁が実施した国語に関する世論調査では、本来の言い方の「寝覚めが悪い」を選んだ人の割合が37.1%誤った言い方の「目覚めが悪い」を選んだ人の割合が57.9%という結果が出ています。

「寝覚めが悪い」を使った例文

○ 八つ当たりをしてしまった後は寝覚めが悪い。

○ 体調が悪そうな女性が座り込んでいた。そのまま見過ごすのと寝覚めが悪い思いをしそうなので、「大丈夫ですか?」と声をかけた。

× あなたが退職することになったら目覚めが悪いですからね。

× 友人にキツく当たってしまったので目覚めが悪い。

「寝覚めが悪い(ねざめがわるい)」のまとめ

まとめ

◼ 言い方・意味

○ 本来の言い方…「寝覚めが悪い(ねざめがわるい)」

× 誤った言い方…「目覚めが悪い(めざめがわるい)」

□ 意味…過去にした行為を思いだし、良心の呵責に苛まれる。

こちらの記事も宜しくお願いします。

誤用されがちな言葉の一覧【意味・定着・変化まとめ】
文化庁の「国語に関する世論調査」で取り上げられた言葉を中心に、よく誤用される130の言葉をまとめてみました。
言葉【意味・誤用】
「言葉【意味・誤用】」の記事一覧です。
厳選記事
「厳選記事」の記事一覧です。
タイトルとURLをコピーしました