●9のメインカテゴリーが表示されない場合は左にスライドして下さい。サブカテゴリーは記事下に設置しています。

「噛んで含めるように」の誤用 『噛んで含むように』ではない

f:id:toshikoro:20200917112054j:plain

 

 

 

 

 

「噛んで含めるように(かんでふくめるように)」の誤用・意味

 

本来の言い方

○ 噛んで含めるように(かんでふくめるように)

誤った言い方

× 噛んで含むように(かんでふくむように)

 

□ 「噛んで含めるように」の意味…相手がよく分かるように、丁寧に言い聞かせる。

 

 本来の言い方が「噛んで含めるように」なので、「噛んで含むように」という使い方は誤用です。

 「噛んで含める」の元々の意味は、「子供が消化しやすいように、親が食べ物をしっかり噛んで口の中に入れてやる」です。そこから「相手がよく分かるように、丁寧に言い聞かせる」という意味で用いられるようになりました。

 

 文化庁が平成20年度に実施した国語に関する世論調査では、正しい言い方「噛んで含めるように」を選んだ人の割合が43.6%誤った言い方「噛んで含むように」を選んだ人の割合が39.7%でした。

 

 

 

 

「噛んで含めるように」を使った例文

 

○ 社長は、挑戦することの大切さを噛んで含めるように諭した。

○ 自転車での逆送の危険性を、子供たちに噛んで含めるように教えるべきだ。

○ 勉強しなさいと噛んで含めるように言っても、全然やる気を起こさないから本当に困っている。

○ この機械の操作法をしっかりと理解して欲しかったのだろう。噛んで含めるような説明だった。

 

 

「噛んで含めるように」のまとめ

 

まとめ

 

◼ 言い方・意味

 

○ 本来の言い方…「噛んで含めるように(かんでふくめるように)」

× 誤った言い方…「噛んで含むように(かんでふくむように)」

 

□ 「噛んで含めるように」の意味…相手がよく分かるように、丁寧に言い聞かせる。

 

言葉の意味【誤用とは言い切れない】カテゴリーの記事一覧

誤用されがちな日本語の一覧【意味の定着と変化】

よく読み間違えられる漢字130選+誤読とは言い切れない読み

 

 

 

プライバシーポリシー