「怒り心頭に発する」の誤用 『怒り心頭に達する』ではない

「怒り心頭に発する(いかりしんとうにはっする)」の誤用・意味・使い方

本来の言い方

○ 怒り心頭に発する(いかりしんとうにはっする)

誤った言い方

× 怒り心頭に達する(いかりしんとうにたっする)

□ 「怒り心頭に発する」の意味…心の底から激しく怒る。

□ 「心頭(しんとう)」の意味…心の中。 「―・滅却すれば火もまた涼し」

□ 「発する(はっする)」の意味…生じる。

本来の言い方が「怒り心頭に発する」なので、「怒り心頭に達する」という使い方は誤用です。

「心頭」の意味は、「心と頭」ではなく「心の中」です。「に」の意味は「動作や作用が行われる場所」を指し、「発する」は「生じる」を指しています。ですから、「怒りが心と頭に達する」という捉え方は間違いで、「心の中にて怒りが生じる=心の底から激しく怒る」という意味になるのです。

平成24年度に行われた国語に関する世論調査では、正しい言い方を選んだ人の割合が23.6%誤った言い方を選んだ人の割合が67.1%でした

「怒り心頭に発する」を使った例文

○ 彼は怒り心頭に発したらしい。顔を真っ赤にし、怒りのあまり体を震わせながら、こちらを睨み付けている。

○ 浮気現場を見た瞬間、私は怒り心頭に発し大声を上げていた。

× 暴言を吐かれたので怒り心頭に達するのも分かるが、罵詈雑言の応酬になっても得する事はないよ。

× 昨日、深夜に夜遊びから帰ってきたら、玄関で父と母が待ち構えていた。二人の凄まじい形相から、すぐに怒り心頭に達しているのが分かった。

「怒り心頭に発する(いかりしんとうにはっする)」のまとめ

まとめ

◼ 言い方・意味・類義語

○ 本来の言い方…「怒り心頭に発する(いかりしんとうにはっする)」

× 誤った言い方…「怒り心頭に達する(いかりしんとうにたっする)」

□ 「怒り心頭に発する」の意味…心の底から激しく怒る。

□ 「心頭(しんとう)」の意味…心の中。 「―・滅却すれば火もまた涼し」

□ 「発する(はっする)」の意味…生じる。

こちらの記事も宜しくお願いします。

www.toshikoro.com

言葉【誤用】 カテゴリーの記事一覧

言葉【意味】 カテゴリーの記事一覧

言葉【意味の違い】 カテゴリーの記事一覧

www.toshikoro.com

2021年暑さ対策グッズ【室内と屋外での熱中症対策】

【防寒グッズ】部屋・屋外で暖まる寒さ対策おすすめ2020

www.toshikoro.com

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です