「足をすくわれる」の誤用・意味 『足元ではない?』

「足をすくわれる」の誤用・意味

正しいとされる言い方

○ 足をすくわれる(あしをすくわれる)

誤りとされる言い方

△ 足下をすくわれる(あしもとをすくわれる)

□ 「足をすくわれる」の意味…隙をつかれて、失敗・敗北に導かれる。

本来の言い方とされる「足をすくわれる」は多くの辞書に記載されていますが、誤った言い方とされる「足元をすくわれる」は一部の辞書にしか記載されていません。

「掬う(すくう)」の意味は、「下から持ち上げるようにして払う」です。誤用であると主張する人たちは、「『足下』は足の周辺のことなので、地面や空間をすくうことはできない」という理屈を根拠にしています。

しかし三省堂国語辞典編集委員飯間浩明さんは、「『足下』には足先・足の下部という意味があるため、『足下をすくう』ことは可能」との見解を示しています。1947年には戯曲「廃墟(三好十郎)」で「足下をすくう」が使われており、「足をすくう」が使われ始めたのも同時期です。

三省堂国語辞典などの一部の辞書には「足下をすくう」が載っているので、今後他の辞書にも記載されるようになるかもしれません。

ただ、試験などの解答では「足下をすくう」が誤用とされる可能性が高いので気を付けてください。

三省堂国語辞典 第七版

三省堂国語辞典 第七版

  • 発売日: 2013/12/11
  • メディア: 単行本

毎年、文化庁が実施している「国語に関する世論調査(平成28年度)」では、本来の言い方とされている「足をすくわれる」を選んだ人が26.3%新しい言い方とされている「足元をすくわれる」を選んだ人が64.4%となりました。

「足をすくわれる」の使い方・例文

「隙をつかれて失敗・敗北しないように気を付けろ」と注意を促す場合や、「隙があったから失敗・敗北した」と話したり叱ったりする場合に多く用いられます。

例文

少し良い点数を取れたからといって余裕綽々でいると、次のテストで足をすくわれるぞ。

Sさんはいろいろと悪い噂がある人なので、足をすくわれないようにして下さいね。

10歳も年下の後輩に足をすくわれたと嘆いているが、そうなるような油断をしていたお前にも原因がある。

不意をついた相手側の奇策で、応援している球団が足をすくわれた。

「足をすくわれる」の類義語

類義語

寝首を掻かれる(ねくびをかかれる)…油断に乗じて、卑怯な計略で陥れられる。

不意を突かれる(ふいをつかれる)…予想していない時を狙われてしかけられる。

出し抜かれる(だしぬかれる)…油断や隙に乗じて、先にことをなされる。

こちらの記事も宜しくお願いします。

www.toshikoro.com

言葉【誤用】 カテゴリーの記事一覧

言葉【意味】 カテゴリーの記事一覧

言葉【意味の違い】 カテゴリーの記事一覧

www.toshikoro.com

2021年暑さ対策グッズ【室内と屋外での熱中症対策】

【防寒グッズ】部屋・屋外で暖まる寒さ対策おすすめ2020

www.toshikoro.com

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です