「ぞっとしない」の誤用・意味・使い方・例文【1分で理解】

言葉【さ行】

「ぞっとしない」「ぞっと」の意味・使い方

「ぞっとしない」の正しい意味

○あまり面白くない。あまり感心しない。

「ぞっとしない」の誤った意味

×恐ろしくない

「ぞっと」の意味

○恐怖で体が震え上がるさま
○寒さで体が震え上がるさま
○感動で体が震え上がるさま

「ぞっとしない」という慣用句の意味は「あまり面白くない。あまり感心しない」なので、「恐ろしくない」という意味で使うのは誤用になる。

・「ぞっと」という副詞には3つの意味があり、「恐怖で体が震え上がるさま」の意味が最も多く使われている。しかし、「感動で体が震え上がるさま」の意味は、江戸時代末期頃に使われなくなった。

・「ぞっとしない」の語源は、「ぞっと」の意味「感動で体が震え上がるさま」を否定形にしたものだと考えられる。

平成28年度の世論調査では、本来の意味を選んだ人の割合が22.8%、誤った意味を選んだ人の割合が56.1%だった。

「ぞっとしない」の例文・誤用例

○「最近の小学生はお年玉をソーシャルゲームに使うそうですよ」と部下に話しかけられたので、私は「ぞっとしない話だ」と答えた。

○ 君に勧められた小説を読んだけど、ぞっとしない出来だったよ。

×「離婚するぞ」と脅されてもぞっとしないよ。

×恐ろしいと評判のホラー映画をみたけど、ぞっとしなかった。

「ぞっとしない」の類義語・英語表現

類義語

面白くない・感心しない・つまらない・味気ない・興ざめした・興が醒める・芸がない

英語表現

・boring(面白くない、つまらない)
・not fun(面白くない、楽しくない)
・not be overly impressed(さほど感心しない)
・be not very happy with(さほど感心しない)




こちらの記事も宜しくお願いします。

誤用される言葉・誤用が定着した日本語一覧【例・意味の変化・割合】
文化庁の世論調査を中心に、有名な言葉の誤用・誤用が定着した日本語(誤用率の方が高いもの)の約130例をまとめました。
言葉【意味・誤用】
「言葉【意味・誤用】」の記事一覧です。
厳選記事
「厳選記事」の記事一覧です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました