●モバイル端末は、上のメインカテゴリーを左にスライドして見て下さい。サブカテゴリーは記事下に設置しています。

「浮き足立つ」の誤用『浮かれるという意味ではない』

f:id:toshikoro:20170424220427j:plain


 今回は、「浮き足立つ(うきあしだつ)」という言葉の意味を、簡潔にまとめてみました。

 

 

 

 

浮き足立つ(うきあしだつ)という言葉の意味

 

「浮き足立つ」の正しい意味

○恐怖や不安で、落ち着きがなくなる。

「ほぼほぼ」の誤った意味

×楽しくなって、落ち着きがなくなる。

 ×の意味の言葉は、「浮き立つ」。

 浮き足立つを「楽しくなって、落ち着きがなくなる」という意味で使うのは誤用であり、「恐怖や不安で、落ち着きがなくなる」が正しい意味です。
 「浮き足立つ」という言葉と「浮き立つ」という言葉はよく似ているので、混同する人もいますね。「面白くなって夢中になる。楽しくなってはしゃぐ」という意味の「浮かれる」を連想しやすい字面なのも、誤解する人を増やす理由の一つでしょう。

 

 

 

「浮き足立つ」という言葉の例

 

○「この辺は熊がでる」と聞いて、私たちは浮き足立った。

×待ちに待った誕生日会の開始時間が近づくにつれて、子供たちが浮き足立ってきた。

 

 

「浮き足」という言葉の語源

 

「浮き足」はかかとが地面や海底につかない状態のことです。その安定性を欠いた様子が、落ち着きのない様子・状態を意味するようになりました。


 現在では「浮き足」という言葉だけで使われることは殆どなく、「浮き足立つ」「浮き足になる」という形で使われることが多いです。

 

 

まとめ

 

ポイント

浮き足立つ(うきあしだつ)の本来の意味は、=「恐怖や不安で、落ち着きがなくなる」
「楽しくなって、落ち着きがなくなる」という意味で使うのは誤用
・浮き立つ(うきたつ)が「楽しくなって、落ち着きがなくなる」という意味の言葉

 

www.toshikoro.com

www.toshikoro.com

 

 

 

プライバシーポリシー