「浮き足立つ」の意味は楽しみ・嬉しいではない【例文・類語】

言葉【あ行】

「浮き足立つ(うきあしだつ)」の意味【嬉しい・楽しみを指すのは浮き立つ】

○恐怖や不安で落ち着きを失う。逃げ腰になる

×ウキウキして落ち着きを失う。浮き立つ。楽しみ。嬉しい。

 「浮き足立つ(うきあしだつ)」の本来の意味は「恐怖や不安で落ち着きを失う。逃げ腰になる」であり、この語に「ウキウキして落ち着きを失う」「楽しみ」「嬉しい」という意味は含まれていません。

 マイナスの感情が原因で落ち着かない場合に用いる言葉なので、プラスの感情が原因で落ち着かない場合には用いないで下さい。

 「浮き立つ(うきたつ)」が「陽気になって落ち着かなくなる」という×の意味の言葉です。「足」の字の有無で意味が全く変わってきますから、言い間違い・書き間違いには気をつけましょう。

 「浮き足立つ」という字面から「浮き立つ」「浮かれる」「うきうきする」などの言葉と混同されやすいため、誤用が広がったと考えられます。また、「浮足立つ(うきあしだつ)」の表記も誤りではなく、意味は「浮足立つ(うきあしだつ)」と同じです。

 文化庁が実施した世論調査(令和元年)では、本来の意味で使う人の割合が26.1%、誤った意味で使う人の割合が60.1%でした。

「浮き足立つ」とは【語源・由来】

 「浮き足(うきあし)」は、地面や海底につま先だけが付いており、かかとが上がっている状態を表す言葉です。そうした体勢は不安定なことから、「落ち着かないさま・逃げ腰になること」を意味するようになりました。

 「浮き足」は室町時代には用例があり、「落ち着かないさま・逃げ腰になること」の意味が加わったのは江戸時代後期です。

 「浮き足」は、「浮き足立つ」「浮き足になる」という形で使われることが多く、単体で使用される事は殆どなくなっています。

【オススメ記事!!】Amazon・楽天・Yahooショッピングの便利グッズ【高評価のキッチン・収納・家電等】

「浮き足立つ」とは【例文】

「浮き足立つ」は、「心が浮き足立つ」「気持ちが浮き足立つ」の形で使われることが多いです。

○数日前から人員削減の噂が流れ始めたため、同僚達は気持ちが浮き足立っている

○近所で強盗事件が起きたと報道されて、現場周辺の住民達の心が浮き足立ってしまった

×クリスマスやお正月が間近に迫り、子供達が浮き足立ってきた

×結婚式を直前に控えている友人は浮き足立っている

「浮き足立つ」とは【類語、足に地がつかない等】

「浮き足立つ」の類語

 

逃腰(責任などから逃げようとする態度)・浮腰(精神的に不安定になり態度が落ち着かないこと)・尻込み(心が怯み、ためらうこと)

「ウキウキして落ち着きを失う」の言い換え表現

 

足が地に着かない(緊張したり感情がたかぶったりして、心が落ち着かないこと)・浮き立つ(うきうきして落ち着かない状態)・浮かれる(たのしくて気持ちがうきうきすること)・浮つく(うきうきして気持ちが落ち着かないこと)

こちらの記事も宜しくお願いします。

誤用される言葉・誤用が定着した日本語一覧【例・意味の変化・割合】
文化庁の世論調査を中心に、有名な言葉の誤用・誤用が定着した日本語(誤用率の方が高いもの)の約130例をまとめました。
言葉【意味・誤用】
「言葉【意味・誤用】」の記事一覧です。
厳選記事
「厳選記事」の記事一覧です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました