●モバイル端末は、上のメインカテゴリーを左にスライドして見て下さい。サブカテゴリーは記事下に設置しています。

「他山の石」の誤用 【意味・語源・由来・例文】

f:id:toshikoro:20170808202638j:plain

 

 

 

 

 

「他山の石(たざんのいし)」の意味

 

○本来の意味…戒めや参考にすべき、他人の誤った言行。

×誤った意味…手本にすべき、他人の優れた言行。

 

 他人の良い言動を例にして、この言葉を使うのは誤用です。他人の誤った言行と覚えましょう。

 

 また、「自分には無関係なので、痛くも痒くもない」という意味の「対岸の火事」と混同している人もいますが、意味が全く違うので気をつけて下さい。

 それに「他人の誤った言行」を参考や戒めにする訳ですから、使う相手によってはトラブルが起きるかもしれません。「社長の言動を、他山の石とします」などと言わないように注意しましょう。

 

 

 

 

「他山の石」の例文

 

 先日、他校の生徒が起こした嘆かわしい事件を、他山の石として下さい。

 リバウンドしてしまった彼の失敗を他山の石とせずに、自分達の生活習慣を今一度見直してみましょう。

 

「他山の石」の類義語

 

 類義語に、「人のふり見て我がふり直せ」「反面教師」があります。

 

「他山の石」の語源・由来

 

 中国最古の詩編詩経(しきょう)』が出典です。その中の小雅・鶴鳴(しょうが・かくめい)に記されている「他山の石を以(もっ)て玉を攻(おさ)むべし」という言葉が語源になります。これは、「余所の山のつまらない石でも、価値のある玉(宝石)を磨くのに役立てる事ができる」という意味です。

 

「他山の石」の世論調査

 

 平成25年度の「国語に関する世論調査」では、本来の使い方をする人が30.8%で、本来ない使い方をする人が22.6%でした。
 正しい意味を把握している人は、三分の一以下しかいませんね。この機会に、本来の意味を覚えてしまいましょう。

 

まとめ

 

ポイント

・他山の石の本来の意味は、「 戒めや参考にすべき、他人の誤った言行」

・「手本にすべき、他人の優れた言行」という意味で使うのは誤用

 

 

よく読み間違えられる漢字130選+誤読とは言い切れない読み

 

言葉の意味【違い】 カテゴリーの記事一覧

 

 

 

プライバシーポリシー