「寸暇を惜しんで」とは『意味や間違いである理由を解説』

「寸暇を惜しんで」が正しく、「寸暇を惜しまず」は誤り

本来の言い方

○ 寸暇を惜しんで(すんかをおしんで)

誤った言い方

× 寸暇を惜しまず(すんかをおしまず)

□ 意味…わずかな暇も無駄にしないさま。

「寸暇を惜しんで(すんかをおしんで)」が正しい言い方で、「寸暇を惜しまず(すんかをおしまず)」という言い方は誤りとされています。

寸暇の意味は「わずかな暇」で、惜しむの意味は「大切に思う」です。ですから「寸暇を惜しまず~する」と伝えてしまうと、「わずかな暇を大切に思わない=時間を無駄に使う」と意思表示することになってしまうので注意してください。

「惜しむ」は他にも「出し惜しむ」という意味を持ち、その意味で使われている「骨身を惜しまず」や「努力を惜しまず」との混交から誤用が広がったと考えられています。

文化庁が毎年行っている世論調査(平成22年度)によると、本来の言い方である「寸暇を惜しんで」と答えた人の割合が28.1%誤った言い方である「寸暇を惜しまず」と答えた人の割合が57.2%となりました。

「寸暇を惜しんで」を用いた例文

寸暇を惜しんで仕事に取り組みます。

第一志望の学校に受かるには、寸暇を惜しんで勉強しなければならないよ。寸暇を惜しんで模索したが、打開策が中々思い付かない。

これまで読書に全く興味を示さなかった息子が、最近では寸暇を惜しんで本を読みふけるようになった。

「寸暇を惜しんで」の類義語

◻休みなく

◻寝る間も惜しんで

◻ひたすらに

こちらの記事も宜しくお願いします。

www.toshikoro.com

言葉【誤用】 カテゴリーの記事一覧

言葉【意味】 カテゴリーの記事一覧

言葉【意味の違い】 カテゴリーの記事一覧

www.toshikoro.com

2021年暑さ対策グッズ【室内と屋外での熱中症対策】

【防寒グッズ】部屋・屋外で暖まる寒さ対策おすすめ2020

www.toshikoro.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です