「砂を噛むよう」の誤用『悔しいという意味ではない』

f:id:toshikoro:20200131155858j:plain

 

 

 

 

 

「砂を噛むよう」の意味

 

「砂を噛むよう」の正しい意味

 

○無味乾燥でつまらない

「砂を噛むよう」の誤った意味

 

×悔しくてたまらない

 

 「砂を噛むよう」という慣用句の正しい意味は「無味乾燥でつまらない」ですから、「悔しくてたまらない」という意味で使うのは誤用です。味気ないこと・面白味がないことを、砂を噛んでも味がしないことに例えています。

 「無味乾燥でつまらない」場合なら食事にも使えますし、「砂を噛むような生活」のように食事以外の事にも使えます。

 

 「苦虫を噛み潰したような」や「臍を噛む」などと混同している人が、「悔しくてたまらない」という意味の誤用を広めたのかもしれせん。

 

 

 

「砂を噛むよう」の例文

 

○近々別れを切り出すつもりの彼との食事だと、大好きなカレーも砂を噛むような思いで食べることになる。

○ 独り暮らしも最初は楽しかったが、数年で砂を噛むような生活だと思うようになった。

×上司に嫌みばかり言われる私は、毎日砂を噛むような日々を送っている。

×熱心に応援している野球チームが完敗したため、砂を噛むような気持ちでテレビを消した。

 

「砂を噛むよう」の類義語

 

「砂を噛むよう」の類義語、言い換え表現

 

無味乾燥

つまらない

味気ない

興味がわかない

面白くない

虚しい

 

 

国語に関する世論調査

 

  文化庁が平成30年度に行った「国語に関する世論調査」で意味を尋ねたところ、本来の意味「無味乾燥でつまらない様子」と答えた人の割合が32.1%、誤った意味「悔しくてたまらない様子」と答えた人の割合が56.9%となりました。

 

 また、60代以上の正当率は42%で70代の正当率は37%だったのに対し、50代以下の正当率は20%~29%程度しかありませんでした。

 

 

まとめ

 

まとめ

○「砂を噛むよう」の正しい意味は、「無味乾燥でつまらない」。

×「砂を噛むよう」の誤った意味は、「悔しくてたまらない」。

 

「砂を噛むよう」の類義語は、「無味乾燥」「つまらない」「興味がわかない」 。

 

www.toshikoro.com

 

 

 

プライバシーポリシー