「したり顔」の誤用 ・意味『物知り顔という意味ではない』

「したり顔(したりがお)」の意味

○自慢げな顔つき。得意げな顔つき。

×物知り顔。

 したり顔(したりがお)は、「物事の事情を心得ているような表情」という意味ではなく、「何かを成した後でする自慢げな表情・得意げな表情」という意味の言葉です。知識の多さをアピールしているかどうか、という事は関係ありません。また、「ドヤ顔」も自慢げな様を表す語なので、「したり顔」の類語です。

 「したり」は、うまく物事が行われた際に発する感動詞で、「やってやった」「してやった」という意味の言葉です。
 昔は「しまった」という意味で、驚いた時や失敗した時にも使われました。そういった場合、「これは」を「したり」の上につけて、「これはしたり」という形で用いられる事が多かったそうです。

したり顔の例文

○彼は、満塁逆転サヨナラ・ホームランを打った後、したり顔になって私を見た。

×彼はしたり顔で、浅い知識をひけらかし始めた。

まとめ

ポイント

・「したり顔」の本来の意味は、「何かを成した後でする自慢げな表情・得意げな表情」。

・「物知り顔」の意味で使うのは誤用。知識の多さをアピールしているかどうか、という事は関係ない。

こちらの記事も宜しくお願いします。

www.toshikoro.com

言葉【誤用】 カテゴリーの記事一覧

言葉【意味】 カテゴリーの記事一覧

言葉【意味の違い】 カテゴリーの記事一覧

www.toshikoro.com

2021年暑さ対策グッズ【室内と屋外での熱中症対策】

【防寒グッズ】部屋・屋外で暖まる寒さ対策おすすめ2020

www.toshikoro.com

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です