「白羽の矢が立つ」の意味・誤用【使い方・読み方・由来・言い換え】

言葉【さ行】

ことわざ「白羽の矢が立つ(しらはのやがたつ)」の意味・使い方・読み方・誤用

本来の言い方 ○ 白羽の矢が立つ(しらはのやがたつ)
誤った言い方 × 白羽の矢が当たる(しらはのやがあたる)

□ 意味…大勢の中から犠牲者として選ばれる。また、大勢の中から特に選ばれる。

本来の言い方が「白羽の矢が立つ(しらはのやがたつ)」で、「白羽の矢が当たる(しらはのやがあたる)」という使い方は誤用とされています。

現代では「大勢の中から犠牲者として選ばれる」という悪い意味で使われることは少なく、「大勢の中から特に選ばれる」という良い意味で使われることの方が多いです。

平成29年度に文化庁が実施した世論調査では、「白羽の矢が立つ」という本来の言い方を選んだ人が75.5%「白羽の矢が当たる」を選んだ人が15.1%という結果がでました。

「白羽の矢が立つ」の由来、昔は悪い意味の言葉だった

日本各地には、「神への生け贄に選ばれた少女の家の屋根に、白い羽のついた矢が立てられた」という古い伝承が残っています。

このことから「白羽の矢が立つ」は、「大勢の中から犠牲者として選ばれる」という悪い意味で使われるようになり、更に転じて「大勢の中から特に選ばれる」という良い意味も持つようになりました。

「白羽の矢が立つ」を使った例文

現在の責任者の後任として彼女に白羽の矢が立った。
前の広告塔は醜聞が原因で辞めさせられたから、次は誠実なイメージの強い人に白羽の矢が立つだろう。
主役のオーディションは行われず、若手実力派俳優の○○に白羽の矢が立ったという。
海外にある支社の支社長として○○さんに白羽の矢が立ったらしいが、どうも治安が悪いところらしい。

「白羽の矢が立つ」の言い換え・類語

◻抜擢(ばってき)…大勢の中から選び出して、ある仕事に就かせること。 ◻選ばれる(えらばれる)…多くの中から基準に適したものが取り出される。 ◻貧乏くじを引く(びんぼうくじをひく)…不利益を受けるはめになる。 ◻お鉢が回る(おはちがまわる)…順番が回ってくる。
誤用される言葉・誤用が定着した日本語一覧【例・意味の変化・割合】
文化庁の世論調査を中心に、有名な言葉の誤用・誤用が定着した日本語(誤用率の方が高いもの)の約130例をまとめました。
言葉【意味・誤用】
「言葉【意味・誤用】」の記事一覧です。
厳選記事
「厳選記事」の記事一覧です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました