●9のメインカテゴリーが表示されない場合は左にスライドして下さい。サブカテゴリーは記事下に設置しています。

「触り(さわり)」の誤用『最初の部分という意味ではない』

f:id:toshikoro:20200810230354j:plain

 

 

 

 

 

「触り(さわり)」の意味・誤用・使い方

 

「さわり」の正しい意味

○一番の聞き所・見所。物語の最も印象的な部分。話の要点。

「さわり」の間違った意味

×最初の部分。

 

 「触り(さわり)」の本来の意味は「一番の聞き所・見所。物語の最も印象的な部分。話の要点」ですから、「最初の部分」という意味では使えません。「最初の部分」と伝えたい場合に使うのではなく、「最も重要な部分」と伝えたい場合に使って下さい。

 誤用率の高い言葉なので、相手によっては聞き所・見所・ハイライト・要点などの類義語と置き換えた方がいいかもしれません。

 

 この語はもともと浄瑠璃の流派・義太夫節で使われていたもので、「義太夫節以外の先行の曲節を取り入れた箇所。義太夫節の曲の聞きどころ」という意味でした。これが転じて「楽曲の最大の聞かせ所」という意味を持ち、更に転じて「物語の最も印象的な部分。話の要点」という意味も加わりました。

 

 平成28年度に文化庁が実施した世論調査では、本来の意味を答えた人が36.1%間違った意味を答えた人が53.3%でした。

 

 

 

 

「さわり」の類義語

 

◇ 見所…見るべき優れたところ。

◇ 聞き所…聞く価値のある優れたところ。

◇ ハイライト…一番興味を引く場面。

◇ 要点…肝要な点。

 

 

「さわり」の誤った意味を表す語

 

◇ 冒頭…物事の最初。

◇ 導入部…主題に入る前の最初の部分。

◇ イントロ…音楽などの導入部。

 

  

「さわり」を使った例文

 

○ すぐに全体の状況を把握したいので、さわりだけを教えて下さい。

○ ストーリーのさわりは、終盤に主人公がヒロインを助けたところだね。

× あの映画を観にいったの? 大事なところをネタバレしないように、さわりだけ教えてよ。

× 何となく目に留まった音楽のMVを再生し始めたら、さわりから素晴らしい出来で少し興奮している。

  

 

「触り(さわり)」のまとめ

 

まとめ

 

◼「さわり」の意味

 

○ 正しい意味…「一番の聞き所・見所。物語の最も印象的な部分。話の要点」

× 間違った意味…「最初の部分」

 

 

◼「さわり」の類義語 

 

◇ 見所…見るべき優れた所。

◇ 聞き所…聞く価値のある優れた所。

◇ ハイライト…一番興味を引く場面。

◇ 要点…肝要な点。

 

 

◼「さわり」の誤った意味を表す語 

 

◇ 冒頭…物事の最初。

◇ 導入部…主題に入る前の最初の部分。

◇ イントロ…音楽などの導入部。

 

 

 

 

 

www.toshikoro.com

www.toshikoro.com

www.toshikoro.com

 

 

プライバシーポリシー