●9のメインカテゴリーが表示されない場合は左にスライドして下さい。サブカテゴリーは記事下に設置しています。

「名前負け」の誤用『相手の名前に圧倒されるという意味ではない』

f:id:toshikoro:20200804122919j:plain

 

 

 

 

 

「名前負け(なまえまけ)」の意味・誤用・使い方

 

「名前負け」の本来の意味

○ 不相応に立派な名前に、中身が見劣りしていること。

「名前負け」の誤った意味

×相手の名前に圧倒されること。

 

 「名前負け(なまえまけ)」の本来の意味は「不相応に立派な名前に、中身が見劣りしていること」ですから、「相手の名前に圧倒されること」という意味で用いるのは誤用になります。

 

 平成27年度に文化庁が行った「国語に関する世論調査」では正しい意味を選んだ人の割合が83.4%間違った意味を選んだ人の割合が9.3%でした。

 正しく使っている人の方が圧倒的に多いという結果ですが、高校野球などスポーツ関係者の間では「名前負け」の誤用がかなり広がっているようです。

 

 

 

 

「名前負け」を使った例文

 

○数年前に4代目を襲名したあの落語家は、名前負けしていると酷評されることが多い。

○偉大な先代の名を継ぐのですから、名前負けしないように精進を重ねていくつもりです。

×監督は、「相手チームに名前負けして臆するな」と言って選手達を奮起させた。

×強豪校に名前負けすることなく、練習で培った力を全て出しきって戦おう。

  

 

「名前負け」のまとめ

 

まとめ

 

◼「名前負け(なまえまけ)」の意味

 

○本来の意味…「不相応に立派な名前に、中身が見劣りしていること」

×間違った意味…「相手の名前に圧倒されること」

 

 

 

 

 

www.toshikoro.com

www.toshikoro.com

www.toshikoro.com

 

 

プライバシーポリシー