「流れに棹さす」の意味と誤用

「流れに棹さす(ながれにさおさす)」の意味・誤用・使い方

「流れに棹さす」の正しい意味

○流れに乗って、物事が順調に進行する。流れに乗って、勢いをつける。

「流れに棹さす」の誤った意味

×流れに逆らう。勢いを失わせる。

 流れに棹さす(ながれにさおさす)」の正しい意味は「流れに乗って、物事が順調に進行する」ですから、「流れに逆らう」という意味で使うことはできません。

 棹とは、舟をこぐための長い棒のことです。

 昔は、流れに乗っている船の船頭が、水底に棹をつきさして更に勢いをつける光景をよく見かけました。それを「流れに乗って、物事が順調に進行する」という意味で例えた語が「流れに棹さす」なのです。

 しかし現在は、船頭が棹を操る光景を目にすることが少なくなったため、何に例えているのか分からない人が増え、誤用が広がってしまったのかもしれません。 また、「水をさす(上手くいっている事や間柄をわきから邪魔する)」と混同している人も多いと考えられます。

 文化庁が平成24年度に行った「国語に関する世論調査」では正しい意味を選んだ人の割合が23.4%誤った意味を選んだ人の割合が59.4%でした。

 平成14年度の正答率は12.4%で平成18年度は17.5%ですから、正しい使い方をする人は微増しています。誤った使い方をする人も微減していますが、それでも誤用する人の方が圧倒的な多数派です。状況や相手によっては類義語を用いた方がいいでしょう。

流れに棹さす」を使った例文

プロ野球の試合で地元チームが優勢だったが、流れに棹さすようにルーキがソロホームランを放った。

○ 元々、健康食品の売り上げが堅調だったウチの会社は、健康ブームの流れに棹さして更に業績を伸ばした。

×皆が奮起しようとしている時に、流れに棹さすような発言はよしてくれよ。

×オリンピック開催で色んなスポーツが盛り上がっていたのに、コロナ禍が流れに棹さしてしまったな。

流れに棹さす」の類義語

◇ 順風満帆…物事が順調に運ぶこと。

◇ とんとん拍子…物事が順調に進むこと。

◇ 得手に帆を揚げる…得意なことを発揮できるよい機会が到来し、調子に乗ってすること。

「流れに棹さす」のまとめ

まとめ

◼「流れに棹さす(ながれにさおさす)」の意味

○ 正しい意味…「流れに乗って勢いをつける」

×誤った意味…「流れに逆らう」

◼「すべからく」の類義語

◇ 順風満帆…物事が順調に運ぶこと。

◇ とんとん拍子…物事が順調に進むこと。

◇ 得手に帆を揚げる…得意なことを発揮できるよい機会が到来し、調子に乗ってすること。

こちらの記事も宜しくお願いします。

www.toshikoro.com

言葉【誤用】 カテゴリーの記事一覧

言葉【意味】 カテゴリーの記事一覧

言葉【意味の違い】 カテゴリーの記事一覧

www.toshikoro.com

2021年暑さ対策グッズ【室内と屋外での熱中症対策】

【防寒グッズ】部屋・屋外で暖まる寒さ対策おすすめ2020

www.toshikoro.com

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です