よくある言葉の誤用一覧【誤った日本語の割合や意味・定着・変化】

言葉

文化庁が毎年度調査している「言い方の誤用」を一覧にしてみました。意味や誤用の割合についても簡潔に記しています。

下記「~を選んだ割合」は、「国語に関する世論調査」のパーセンテージです。

愛嬌を振りまく

愛嬌を振りまく(あいきょうをふりまく)
愛想を振りまく(あいそうをふりまく)

□「愛嬌を振りまく」の意味…周囲に、好感の持てる態度・言動を取ること。

□「愛想を振りまく」はこれまで誤用とされてきましたが、最近では複数の辞書に正しい使い方として記載されています。ただし、まだ誤用扱いされる場合も多いので、試験や公の場では使用に注意してください。

○を選んだ割合49.1%、△を選んだ割合42.7%【平成27年度調査】

青田買い

青田買い(あおたがい)
×青田刈り(あおたがり)

□「青田買い」の意味…企業が優れた人材を確保するため、卒業予定の学生に早くから内定を出すこと。

○を選んだ割合47.6%、×を選んだ割合31.9%【平成26年度調査】

明るみに出る

明るみに出る(あかるみにでる)
×明るみになる(あかるみになる)

□「明るみに出る」の意味…隠されていたことが公になる。

○を選んだ割合44.1%、×を選んだ割合43.0%【令和2年度調査】

足をすくわれる

足をすくわれる(あしをすくわれる)
足下をすくわれる(あしもとをすくわれる)

□ 「足をすくわれる」の意味…相手に隙を付け込まれて、失敗させられる。

□三省堂国語辞典の編纂者の飯間浩明氏は、「足下」には足の下部という意味が含まれるため「足下をすくう」は誤用ではないとの見解を示しています。また、三省堂国語辞典など数種類の辞書には「足下をすくう」が記載されています。

ただし、誤用と判断される場合も少なくないので、テストの解答などでは注意して下さい。

○を選んだ割合26.3%、△を選んだ割合64.4%【平成28年度調査】

怒り心頭に発する

怒り心頭に発する(いかりしんとうにはっする)
×怒り心頭に達する(いかりしんとうにたっする)

□「怒り心頭に達する」の意味…凄まじい怒りが込み上げてくる。

○を選んだ割合23.6%、×を選んだ割合67.1%【平成24年度調査】

石にかじりついても

石にかじりついても(いしにかじりついても)
×石にしがみついても(いしにしがみついても)

□「石にかじりついても」の意味…是が非でもも耐えて。

○を選んだ割合66.5%、×を選んだ割合23.0%【平成20年度調査】

上を下への大騒ぎ

上を下への大騒ぎ(うえをしたへのおおさわぎ)
×上や下への大騒ぎ(うえやしたへのおおさわぎ)

□ 「上を下への大騒ぎ」の意味…大勢の人々が慌てふためき混乱しているさま。

○を選んだ割合22.5%、×を選んだ割合60.8%【平成27年度調査】

押しも押されもせぬ

押しも押されもせぬ(おしもおされもせぬ)
×押しも押されぬ(おしもおされぬ)

□ 「押しも押されもせぬ」の意味…実力があり揺るぎない。

○を選んだ割合41.5%、×を選んだ割合48.3%【平成24年度調査】

汚名返上

汚名返上(おめいへんじょう)
汚名挽回(おめいばんかい)

□「汚名返上」の意味…汚名を受ける前の、元のよい状態を取り戻す。

□挽回には「悪い状態を元に戻す」という意味があります。また、汚名挽回の用例は120年以上前にも遡れて、多くの採集がされています。

□まだまだ誤用だと考える人も多いので、公で発言する時などには注意しましょう。

「汚名返上」を選んだ割合38.3%、「汚名挽回」を選んだ割合44.1%【平成16年度調査】

お眼鏡にかなう

お眼鏡にかなう(お眼鏡にかなう)
×お目にかなう(おめにかなう)

□ 「お眼鏡にかなう」の意味…目上の人に力量を認められる。

○を選んだ割合45.1%、×を選んだ割合39.5%【平成20年度調査】

噛んで含めるように

噛んで含めるように(かんでふくめるように)
×噛んで含むように(かんでふくむように)

□ 「噛んで含めるように」の意味…きちんと理解できるように、気を配って言い聞かせる。

○を選んだ割合50.5%、×を選んだ割合31.9%【令和元年度調査】

声を荒らげる

声を荒らげる(こえをあららげる)
×声を荒げる(こえをあらげる)

□「声を荒らげる」の意味…声の語気を荒々しくする。

○を選んだ割合11.4%、×を選んだ割合79.9%【平成22年度調査】

古式ゆかしく

古式ゆかしく(こしきゆかしく)
古式豊かに(こしきゆたかに)

□ 意味…伝統的なやり方にのっとった様子で。

□新明解国語辞典など辞書によっては「古式豊かに」を記載しており、誤用と完全に言い切れなくなってきました。

□試験や面接では誤用扱いされるかもしれないため、使用には気を付けてください。

○を選んだ割合67.3%、△を選んだ割合15.2%【平成22年度調査】

言葉を濁す

言葉を濁す(ことばをにごす)
×口を濁す(くちをにごす)

□「言葉を濁す」の意味…言いにくい事を言うときなどに、曖昧に言う。

○を選んだ割合74.3%、×を選んだ割合17.5%【平成28年度調査】

采配を振る

采配を振る(さいはいをふる)
×采配を振るう(さいはいをふるう)

□「采配を振る」の意味…先頭で指図する。

○を選んだ割合32.2%、×を選んだ割合56.9%【平成29年度調査】

舌の根の乾かぬうちに

舌の根の乾かぬうちに(したのねのかわかぬうちに)
×舌の先の乾かぬうちに(したのさきのかわかぬうちに)

□ 意味…言った後か言い終わらないうちに。

○を選んだ割合60.4%、×を選んだ割合24.4%【平成30年度調査】

舌先三寸

舌先三寸(したさきさんずん)
×口先三寸(くちさきさんずん)

□ 意味…口先だけで思いがこもっていないこと。

○を選んだ割合23.3%、×を選んだ割合56.7%【平成23年度調査】

食指が動く

食指が動く(しょくしがうごく)
×食指をそそられる(しょくしをそそられる)

□ 「食指が動く」の意味…物事への欲求や興味が起こること。

○を選んだ割合38.1%、×を選んだ割合31.4%【平成23年度調査】

白羽の矢が立つ

白羽の矢が立つ(しらはのやがたつ)
×白羽の矢が当たる(しらはのやがあたる)

□ 意味…大勢の中から特に選び出されて指名される。

○を選んだ割合75.5%、×を選んだ割合15.1%【平成29年度調査】

新規蒔き直し

新規蒔き直し(しんきまきなおし)

×新規蒔き返し(しんきまきかえし)

□「新規蒔き直し」の意味…あらためて、もう一回新しくやり直すこと。

○を選んだ割合42.7%、×を選んだ割合44.4%【令和元年度調査】

心血を注ぐ

心血を注ぐ(しんけつをそそぐ)
×心血を傾ける(しんけつをかたむける)

□「心血を注ぐ」の意味…全身全霊で物事にあたる。

○を選んだ割合64.6%、×を選んだ割合13.3%【平成19年度調査】

寸暇を惜しんで

寸暇を惜しんで(すんかをおしんで)
×寸暇を惜しまず(すんかをおしまず)

□ 意味…少しの暇でも有効に活用する。

○を選んだ割合38.1%、×を選んだ割合43.5%【令和2年度調査】

雪辱を果たす

雪辱を果たす(せつじょくをはたす)
×雪辱を晴らす(せつじょくをはらす)

□ 意味…やり返すことで恥を除き去ること。

○を選んだ割合38.3%、×を選んだ割合50.5%【令和元年度調査】

そうは問屋が卸さない

そうは問屋が卸さない(そうはとんやがおろさない)
×そうは問屋が許さない(そうはとんやがゆるさない)

□ 「そうは問屋が卸さない」の意味…そのように簡単にいくものではない。

○を選んだ割合70.4%、×を選んだ割合23.6%【平成27年度調査】

存亡の機

存亡の機(そんぼうのき)
×存亡の危機(そんぼうのきき)

□「存亡の機」の意味…滅びるか否かの重要な時。

○を選んだ割合6.6%、×を選んだ割83.0%【平成28年度調査】

出る杭は打たれる

出る杭は打たれる(でるくいはうたれる)
×出る釘は打たれる(でるくぎはうたれる)

□ 「出る杭は打たれる」意味…才覚を見せる者は憎まれる。

○を選んだ割合73.1%、×を選んだ割合19.0%【平成18年度調査】

伝家の宝刀

伝家の宝刀(でんかのほうとう)
×天下の宝刀(てんかのほうとう)

□ 意味…いざという場合以外に使用しないもの。

○を選んだ割合54.6%、×を選んだ割合31.7%【平成24年度調査】

天地神明

天地神明に誓って(てんちしんめいにちかって)
×天地天明に誓って(てんちてんめいにちかって)

□ 意味…ありとあらゆる神々に誓って。

○を選んだ割合32.1%、×を選んだ割合53.7%【平成30年度調査】

取りつく島もない

取りつく島もない(とりつくしまもない)
×取りつく暇もない(とりつくひまもない)

□ 意味…話したり交渉したりするきっかけが掴めないさま。

○を選んだ割合47.8%、×を選んだ割合41.6%【平成24年度調査】

寝覚めが悪い

寝覚めが悪い(ねざめがわるい)
×目覚めが悪い(めざめがわるい)

□ 意味…過去の良くない行いを思いだし、良心の呵責にとがめられる。

○を選んだ割合37.1%、×を選んだ割合57.9%【平成27年度調査】

熱に浮かされる

熱に浮かされる(ねつにうかされる)
×熱にうなされる(ねつにうなされる)

□ 意味…他のことを忘れてしまい夢中になる。

○を選んだ割合57.2%、×を選んだ割合27.1%【平成26年度調査】

のべつ幕無し

のべつ幕無し(のべつまくなし)
×のべつくまなし(のべつくまなし)

□「のべつ幕無し」の意味…絶えず続くさま。

○を選んだ割合42.8%、×を選んだ割合32.1%【平成23年度調査】

腹に据えかねる

腹に据えかねる(はらにすえかねる)
×肝に据えかねる(きもにすえかねる)

□ 意味…怒りを抑制できない。

○を選んだ割合74.4%、×を選んだ割合18.2%【平成17年度調査】

火を見るよりも明らか

火を見るよりも明らか(ひをみるよりもあきらか)
×火を見るように明らか(ひをみるようにあきらか)

□意味…疑う余地のないほど道理が明らかなさま。

○を選んだ割合71.1%、×を選んだ割合13.6%【平成20年度調査】

二つ返事

二つ返事(ふたつへんじ)
×一つ返事(ひとつへんじ)

□「二つ返事」の意味…快く即座に承諾する。

○を選んだ割合52.4%、×を選んだ割合37.4%【令和2年度調査】

物議を醸す

物議を醸す(ぶつぎをかもす)
×物議を呼ぶ(ぶつぎをよぶ)

□「物議を醸す」の意味…論議・批評を引き起こす。

○を選んだ割合58.0%、×を選んだ割合21.7%【平成23年度調査】

間が持てない

間が持てない(まがもてない)
間が持たない(まがもたない)

□「間が持てない」の意味…空いた時間を、どうしたらいいか分からない。対処の仕方が分からず、会話をつなげない。

□三省堂国語辞典(第七版)など、「間が持たない」を記載する辞書も一部あります。ですが、まだまだ誤用扱いされることも多いので、テストや面接での使用には注意してください。

○を選んだ割合29.3%、△を選んだ割合61.3%【平成22年度調査】

目から鱗が落ちる

目から鱗が落ちる(めからうろこがおちる)
×目から鱗が取れる(めからうろこがとれる)

□「目から鱗が落ちる」の意味…ある事がきっかけで突如事態がよく見え、理解できるようになる。

○を選んだ割合80.6%、×を選んだ割合8.7%【平成19年度調査】

溜飲を下げる

溜飲を下げる(りゅういんをさげる)
×溜飲を晴らす(りゅういんをはらす)

□「溜飲を下げる」の意味…不満・不平などが消えて気をよくする。

○を選んだ割合37.4%、×を選んだ割合32.9%【平成29年度調査】

論陣を張る

論陣を張る(ろんじんをはる)
×論戦を張る(ろんせんをはる)

□「論陣を張る」の意味…きちんと論理を組み立てて議論を進める。

○を選んだ割合29.5%、×を選んだ割合44.0%【平成30年度調査】

こちらの記事も宜しくお願いします。

有名な怖い話・不思議な話まとめ2022【短編から長編まで】
ネット上で有名な怖い話・不思議な話を集めてみました。オススメ度が高い順に上から並べています。
■オカルト
心霊・怖い話ランキング100【洒落怖・長編・中編・短編】
不思議な話・怖い話まとめ【異世界・時空・神様・実話・謎】
有名な怖い話・不思議な話まとめ2022【短編から長編まで】
ほんのり怖い話ランキング【5ch洒落怖&他スレまとめ】
『ヒサルキ』とは【概要、関連話の全リンク、怖さ・不思議さ評価】
■便利グッズ
Amazon・楽天の便利グッズ【高評価のキッチン・収納・家電等】
2021年暑さ対策グッズ【室内と屋外での熱中症対策】
■言葉の意味・誤用
誤用される言葉・誤用が定着した日本語一覧【例・意味の変化・割合】
よくある言葉の誤用一覧【誤った日本語の割合や意味・定着・変化】
よく読み間違えられる漢字130選+誤読とは言い切れない読み
「中抜き」の誤用『中間業者のピンはねという意味ではない』
■その他
笑える2chスレまとめ【面白いコピペ・短編〜長編、伝説・爆笑】
テレビ嫌い・テレビ離れの原因【不快演出、コネ芸能人、見ない心理】
配達員がドアを強く叩く…【チャイム直後のドン‼ ドン‼】
タイトルとURLをコピーしました