「号泣」を激しく泣くという意味で使うのは誤用

言葉【か行】

号泣(ごうきゅう)の意味・使い方

「号泣」の正しい意味

○ 大きな声で泣く。

「号泣」の誤った意味

×激しく泣く。 涙を大量に流す。

 「号泣」の正しい意味は「大きな声で泣く」で、「激しく泣く。涙を大量に流す」という使い方は誤用です。涙を多く流すだけでは「号泣」の意味に当てはまらず、大声を出して泣かなければ「号泣」とはいえません。

 時おり「声を押し殺して号泣した」という表現を見かけますが、「声を押し殺して大きな声で泣く」というあり得ない意味になるので注意してください。

 「号泣」の「号」は、「大きな声を上げる」という意味の漢字です。ですから、同様の意味で「怒号」や「号令」といった熟語にも用いられています。

「号泣」の例文

○普段は強気な夫も、義母が亡くなった際には人目を憚らずに号泣していたなぁ。

○深夜、自宅の近くで女性が号泣していたので、通報しようかどうか迷った。

×パラハラを受けていた前職時代には、唇を噛み締めながらよく号泣したものだ。

×映画を観ていたら感動したため、周囲の迷惑にならないように声を押し殺しながら号泣したよ。

「号泣」について質問した「国語に関する世論調査」

 文化庁が平成22年度に行った「国語に関する世論調査」では、本来の意味「大きな声で泣く」と答えた人の割合が34.1%誤った意味「激しく泣く」と答えた人の割合が48.3%、「大きな声で泣く」「激しく泣く」のどちらも正しいと答えた人の割合が14.8%でした。

 年代別だと、本来の意味を選んだ割合が最も高かったのが20代の38.7%で、次に高かったのは60代以上の割合38.2%でした。

 本来の意味を選んだ割合がもっとも低かったのは16~19歳の25.0%で、30代~50代は30%前後という結果が出ています。

 

まとめ

ポイント

「号泣」の正しい意味…大きな声で泣く。
「号泣」の誤った意味…激しく泣く。 涙を大量に流す。

こちらの記事も宜しくお願いします。

誤用される言葉・誤用が定着した日本語一覧【例・意味の変化・割合】
文化庁の世論調査を中心に、有名な言葉の誤用・誤用が定着した日本語(誤用率の方が高いもの)の約130例をまとめました。
言葉【意味・誤用】
「言葉【意味・誤用】」の記事一覧です。
厳選記事
「厳選記事」の記事一覧です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました