「檄を飛ばす」の誤用【意味・例文・使い方・由来・語源】

「檄を飛ばす」の意味・誤用

「檄を飛ばす」の正しい意味
○ 自分の主張を人々に伝えて同意を求めること。また、そうすることで決起を促すこと。

「檄を飛ばす」の誤った意味
× 激励する。

「檄を飛ばす」の正しい意味は「自分の主張を人々に伝えて同意を求める。また、そうすることで決起を促す」ですから、「激励する」という意味で使うのは誤用です。

「檄を飛ばす」の「檄」は、「激励」の「激」とは別の字なので混同しないようにして下さい。

平成29年度に文化庁が実施した世論調査では、正しい意味を選んだ人が22.1%誤った意味を答えた人が67.4%でした。

現状は誤用する人の方が多数派なので、場合によっては類語に置き換えようにしましょう。

「檄を飛ばす」の使い方・例文

「檄を飛ばす」は、2つの条件「自分の考えや主張を広く伝える」「そうすることで同意を求めたり決起を促したりする」に当てはまる場合に用います。

例文

部活の顧問は初めて行ったミーティングの際、指導方針が伝わるように生徒達の顔をよく見ながら檄を飛ばした。

○○は市議会議員に立候補した理由を理解してもらおうと、来る日も来る日も街頭演説で檄を飛ばしたという。

誤用例

先輩が俺の肩を叩きながら「元気だせよ」と檄を飛ばした。

興奮した観客達がプレーする選手達に檄を飛ばしている。

「檄を飛ばす」の由来・語源

「檄」とは、古代中国で召集や説諭のために記されていた文章のことで、木札に書いて用いられていたといいます。そして檄を書いた文章を急いで回すことを「飛檄」と表し、日本では「自分の主張を人々に伝えて同意を求めること。また、そうすることで決起を促すこと」という意味で「檄を飛ばす」が用いられるようになりました。

このように、「檄」は大衆を集めたり同意を求めたりする時に使われた文章ですから、口頭で激励するという意味では使わないのです。

「檄を飛ばす」の類義語

類義語

檄文を送る(げきぶんをおくる)…自分の信念や主張を述べて人々に行動を促す文章を送る。

誤った意味の言葉「激励する」の類義語

「激励する」の類義語

活を入れる(かつをいれる)…弱った人に刺激を与えて元気付ける。

発破をかける(はっぱをかける)…荒々しい言葉で気合いを入れる。

励ます(はげます)…気力が奮い立つようにする。激励する。

こちらの記事も宜しくお願いします。

www.toshikoro.com

言葉【誤用】 カテゴリーの記事一覧

言葉【意味】 カテゴリーの記事一覧

言葉【意味の違い】 カテゴリーの記事一覧

www.toshikoro.com

2021年暑さ対策グッズ【室内と屋外での熱中症対策】

【防寒グッズ】部屋・屋外で暖まる寒さ対策おすすめ2020

www.toshikoro.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です