「二つ返事」の意味・誤用【例文・語源・類語・一つ返事との違い】

言葉【は行】

正しいのは「二つ返事」で意味は「快く、ためらわないで承諾」、「一つ返事」は誤り

本来の言い方

○二つ返事(ふたつへんじ)

誤用とされている言い方

×一つ返事(ひとつへんじ)

□「二つ返事」の意味…「はい」を二つ重ねて返事をする。快く、ためらわないで承諾する。

本来の言い方が「二つ返事(ふたつへんじ)」とされ、「一つ返事(ひとつへんじ)」という使い方は誤用とされています。

「二つ返事」は投げやりに返事をするという意味ではなく、「『はい』を二つ重ねて返事をする。快く、ためらわないで承諾する」という意味の言葉です。大抵は、後者の「快く、ためらわないで承諾する」という意味で使われます。

「返事は一回で終えるのが礼儀正しいこと」と教育されてきた人達が、「二つ返事は失礼なこと」だと誤解しているようです。

平成23年度の「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「二つ返事」を選んだ人が42.9%誤った言い方とされる「一つ返事」を選んだ人が46.4%という逆転した結果がでています。

「二つ返事」の由来・語源

「はい!」と答えてから間をおかずに再度「はい!!」と答えることで、承諾の意思を強調したことが由来になっています。

「二つ返事」の使い方・例文

「二つ返事で引き受ける」の形で使われることが多いです。

また、「二つ返事」には「承諾する」「答える」という意味が含まれているため、「二つ返事で承諾する」「二つ返事で答える」と言うと重複表現となってしまいます。

「はい! 分かりました!」と、すぐに気持ちよく引き受けるという意味合いで使いましょう。

突然の頼み事を二つ返事で引き受けてくれた。

お金を無心してきたのが信用できない相手だったので、二つ返事はできなかった。

ダメ元で頼んでみたら、意外にも二つ返事で受けてくれた。

懇切丁寧に説得した結果、二つ返事で納得してくれた。

「二つ返事」の類語

◻快諾(かいだく)

◻承諾(しょうだく)

◻即答(そくとう)

こちらの記事も宜しくお願いします。

誤用される言葉・誤用が定着した日本語一覧【例・意味の変化・割合】
文化庁の世論調査を中心に、有名な言葉の誤用・誤用が定着した日本語(誤用率の方が高いもの)の約130例をまとめました。
言葉【意味・誤用】
「言葉【意味・誤用】」の記事一覧です。
厳選記事
「厳選記事」の記事一覧です。
タイトルとURLをコピーしました