●9のメインカテゴリーが表示されない場合は左にスライドして下さい。サブカテゴリーは記事下に設置しています。

「噴飯もの」の誤用『腹立たしいという意味ではない』

f:id:toshikoro:20200726110030j:plain

 

 

 

 

 

「噴飯もの(ふんぱんもの)」の意味・誤用・使い方

 

「噴飯もの」の正しい意味

○あまりのおかしさに、思わず吹き出して笑ってしまうような事柄。

「噴飯もの」の誤った意味

×とても腹立たしいこと。

 

 噴飯もの」の本来の意味は「あまりのおかしさに、思わず吹き出して笑ってしまう事柄」なので、「とても腹立たしいこと」という意味で使うのは誤用です。

 噴飯は「あまりのおかしさに、思わず口の中の食べ物を吹き出して笑ってしまう」という意味の言葉ですから、「噴飯もの」はそのおかしい事柄に対して使います。 

 

 この語は、単に面白くて笑う場合と嘲笑する場合の両方に使えますが、後者の意味で使われる事の方が圧倒的に多いです。ですから面白くて笑うという意味で使っても、嘲笑していると誤解される可能性があります。相手や状況によっては、言葉を言い換えた方がいいでしょう。

 

 また、文化庁が平成22年度に実施した「国語に関する世論調査」では本来の意味で答えた人が19.7%間違った意味で答えた人が49.0%でした。正答した人の2倍以上の人が間違った意味を選んでおり、分からないと答えた人が27.4%もいました。

 

 

 

 

「噴飯もの」を使った例文

 

○ 主人公役が棒読みとは噴飯ものの出来だったな。

○ 先輩が言ったあまりに馬鹿馬鹿しい下ネタは噴飯ものだった。

×接客中に噴飯もののクレームを付けられたので、怒鳴り返すところだった。

×ブラック企業の社長が労働環境の大切さを語るという、噴飯もののインタビューを見たのでイライラしてきた。

 

 

「噴飯もの」の類義語

 

◇笑止千万…非常におかしいさま。

 

◇へそで茶を沸かす…おかしくてしようがないこと。

 

◇ちゃんちゃらおかしい…身の程を知らない態度が吹き出したくなるほどおかしい。

 

 

「噴飯もの」のまとめ

 

まとめ

 

◼噴飯ものの意味

 

○ 正しい意味…「あまりのおかしさに、思わず吹き出して笑ってしまうような事柄」

×誤った意味…「とても腹立たしいこと」

 

◼その他

 

◇ 単に面白くて笑う場合と嘲笑する場合の両方に使えるが、後者の意味で使われる事の方が圧倒的に多い。

 

 

よく読み間違えられる漢字130選+誤読とは言い切れない読み

 

言葉の意味【違い】 カテゴリーの記事一覧

 

 

 

プライバシーポリシー