●モバイル端末は、上のメインカテゴリーを左にスライドして見て下さい。サブカテゴリーは記事下に設置しています。

「雨模様」の意味・誤用『辞書に記載され始めた意味』

f:id:toshikoro:20190212010546j:plain

 

 

 

 

雨模様(あまもよう・あめもよう)の意味・使い方

 

○正しい意味…雨が降りそうな空模様

 

△新しい意味…雨が降ったり止んだりしている空模様

 

 雨模様の読みは「あめもよう」「あまもよう」の二つがあり、○の「雨が降りそうな空模様」が正しい意味です。一方、△の「雨が降ったり止んだりしている空模様」は、これまで誤った意味とされてきました。

 

 しかし近年、△の意味を正しいものとして記載する辞書が増えてきています。三省堂国語辞典 第6版は△の意味を正しいものとして載せており、「明鏡 第2版」には[最近の言い方で]と書かれた後に△の意味を記載しています。
 誤用する人の割合も年々増えてきていて、平成22年度の調査では正用している人の割合が43.3%、誤用している人の割合が47.5%という結果が出ました。

 

 ですから正しい意味で「雨模様」を使っても、受け手が誤って天候を認識してしまう可能性があります。
 この言葉を使うときは、正しい意味と誤った意味のどちらにも解釈できる発言・文章を避けて、「曇り」や「雨」などの具体的な天候を言う・書くように注意して下さい。

 

 

 

 

雨模様の例文

 

正しい使い方

 

○この雨模様では、すぐに雨が降り出してもおかしくないな。
○家の外に出ると空が雨模様だったので、念のため折りたたみ傘を持っていくことにした。

 

正誤の判断がつきにくい使い方

 

△兄が窓ガラスから見える土砂降りの雨を見て、「この雨模様だと出かけるかどうか迷うな」と言った。
△雨模様のなか走って帰宅したので、家についた時にはずぶ濡れになっていた。

 

語源・由来

 

 雨模様の語源は「あまもよい・あめもよい」という言葉で、この「もよい」は「催す(何かが起こる兆候を見せるの意)」と同じ意味です。ですから、「あまもよい・あめもよい」は「雨が降る兆候を見せる」という意味になります。

 

 しかし、時間とともに「もよい」が「模様」に変わっていったため、「催す」の意味「何かが起こる兆候を見せる」が薄れていき、「雨が降る兆候を見せる」と捉えられなくなったと考えられています。

 

まとめ

 

・「雨模様(あめもよう、あまもよう)」の本来の意味は、「雨が降りそうな空模様」。

 

・最近は、誤っているとされてきた意味「雨が降ったりやんだりしている空模様」を、正しい意味として記載する辞書が増えてきた。

 

・受け手が「雨模様」の意味をどう捉えているか分からないので、「曇り」や「雨」などの具体的な天候を言う・書くように注意する。

 

www.toshikoro.com

www.toshikoro.com

 

 

 

プライバシーポリシー