「火を見るよりも明らか」の誤用『火を見るように』ではない

「火を見るよりも明らか」の誤った使い方

本来の言い方

○火を見るよりも明らか(ひをみるよりもあきらか)

誤った言い方

×火を見るように明らか(ひをみるようにあきらか)

□意味…疑う余地がない程、はっきりとしている様子。

本来の言い方が「火を見るよりも明らか(ひをみるよりもあきらか)」で、「火を見るように明らか(ひをみるようにあきらか)」という使い方は誤用とされています。

2008年の世論調査では、本来の言い方である「火を見るよりも明らか」を選んだ割合が71.1%誤った言い方である「火を見るように明らか」を選んだ人が13.6%でした。

「火を見るよりも明らか」の由来・語源

「火を見るよりも明らか」の語源は古代中国の歴史書『書経』で、この経書は儒教の重要な経典『五経』の一つにも数えられています。殷の時代の記録部『商書』に該当する18篇目『盤庚上(ばんこうじょう)』には下記のようなエピソードがあります。

殷(いん)に盤庚(ばんこう)という王がおり、盤庚は地方を治める諸侯達を集めて、統治の仕方についてこう説きました。

「現在、地方の統治が上手くいっていないが、それは私に徳がないからではない。お前たちの愚かさが原因である事は、火を見るよりも明らかだ」

この発言を元に「疑う余地がない程、はっきりとしている様子」という意味で使われるようになりました。

「火を見るよりも明らか」を使った例文

この慣用句は、明らかに悪い結果が予想される場合に使います。

あんな滅茶苦茶な金銭感覚でまともに生活していける訳がない。いつか破綻するのは火を見るよりも明らかだ。

この金融政策が失敗するのは火を見るよりも明らかだが、誰も現実をみようとしない。

お使いに行った際につい余計な物を買ってしまった。妻の怒りを買うのも火を見るよりも明らかだな…。

夜遅くの食事が健康を害するのは火を見るよりも明らかだ。でも、中々やめられないんだよ。

「火を見るよりも明らか」の類義語

◻明々白々(めいめいはくはく)…はっきりしていて、少しも疑わしい点がないこと。また、その様子。

◻自明の理(じめいのり)…説明の必要がない明白な道理。

こちらの記事も宜しくお願いします。

www.toshikoro.com

言葉【誤用】 カテゴリーの記事一覧

言葉【意味】 カテゴリーの記事一覧

言葉【意味の違い】 カテゴリーの記事一覧

www.toshikoro.com

2021年暑さ対策グッズ【室内と屋外での熱中症対策】

【防寒グッズ】部屋・屋外で暖まる寒さ対策おすすめ2020

www.toshikoro.com