言葉

言葉【ま行】

「間が持てない」の意味・誤用 『間が持たない』ではない?

本来の言い方は「間が持てない」で、「間が持たない」は新しい言い方とされている。
2022.04.05
言葉【か行】

「可愛い子には旅をさせよ」とは【意味・由来・類語・例文】

「可愛い子には旅をさせよ」 □意味…子供が可愛いのなら甘やかさず、世間の辛さを経験させた方がいい。
2022.04.05
言葉【か行】

「亀の甲より年の劫」とは【意味・由来・類語・例文】

「亀の甲より年の劫」 □意味…年長者が積んできた経験は尊重すべきである。
2022.04.05
言葉【か行】

「河童の川流れ」とは【意味・由来・類語・例文】

「河童の川流れ」 意味…その道の達人でも、時には失敗することがある。
2022.04.05
言葉【か行】

ことわざ「飼い犬に手を噛まれる」の意味・由来・類語等

「飼い犬に手を噛まれる」 □意味…日頃から面倒を見てきた者から、思いがけず酷い害を受ける。
2022.04.05
言葉【あ行】

「親の心子知らず」とは【意味・使い方・類語・例文】

「親の心子知らず」 □意味…親が子供を思う気持ちは通じず、子供は勝手な振る舞いをするものだということ。
2022.04.05
言葉【さ行】

「舌先三寸」の誤用 『口先三寸』ではない

本来の言い方…「○舌先三寸(したさきさんずん)」 誤った言い方…「×口先三寸(くちさきさんずん)」
2022.04.05
言葉【あ行】

「帯に短し襷に長し」の意味や類語、使い方等を解説

「帯に短し襷に長し(おびにみじかしたすきにながし)」 □意味…中途半端で何の役にも立たない。
2022.04.05
言葉【あ行】

ことわざの「鬼に金棒」の意味、類語、例文を簡潔に解説

「鬼に金棒」 □意味…元々強いものに、更に強さが加わること。
2022.05.18
言葉【あ行】

「縁の下の力持ち」の意味や類語、例文分りやすく解説

「縁の下の力持ち」 □意味…他人に知られないで、陰で努力や苦心をすること。また、そのような人。
2022.04.05
タイトルとURLをコピーしました