言葉

言葉【か行】

「古式ゆかしく」の誤用【意味・例文】

言葉【あ行】

「青田買い」と「青田刈り」の意味の違い・誤用・使い分け

「青田買い」は「卒業予定の学生と早くから雇用関係を結ぶ」という意味の言葉。「青田刈り」にそのような意味はない。
言葉【か行】

「檄を飛ばす」の誤用【意味・例文・使い方・由来・語源】

「檄を飛ばす」の意味…「○自分の主張を人々に伝えて同意を求める。また、そうすることで決起を促す」「×激励する」
言葉【は行】

「ぴえん」の意味【由来・類語・例文】

「ぴえん」 □意味…控えめに泣いているさまや、控えめに泣きたい気持ちを表す言葉。
言葉【な行】

「情けは人の為ならず」の誤用『人の為にならない』ではない

「情けは人の為ならず」の意味…「○ 情けをかければ、やがて良い報いが来る」「× 情けをかけるのは、人の為にならない」
言葉【た行】

「天地神明に誓って」の誤用 『天地天命に誓って』ではない

本来の言い方…「○天地神明(てんちしんめい)」 誤った言い方…「天地天命(てんちてんめい)」
言葉【な行】

「中抜き」の誤用『中間業者のピンはねという意味ではない』

「中抜き」の本来の意味は「中間業者を抜かして直接取引をする」ですから、「中間業者がピンはねする」という意味で使うのは誤用です。
言葉【あ行】

「足をすくわれる」の誤用・意味 『足元ではない?』

正しいとされる言い方は「足をすくわれる」で、「足元をすくわれる」は新しい言い方とされている。
言葉【ま行】

「間が持てない」の意味・誤用 『間が持たない』ではない?

本来の言い方は「間が持てない」で、「間が持たない」は新しい言い方とされている。
言葉【か行】

「可愛い子には旅をさせよ」とは【意味・由来・類語・例文】

「可愛い子には旅をさせよ」 □意味…子供が可愛いのなら甘やかさず、世間の辛さを経験させた方がいい。
タイトルとURLをコピーしました