「奇特」を風変わりという意味で使うのは誤用

「奇特(きとく)」は、「行いや心がけが感心なさま。殊勝」という意味の言葉で、「奇特」を「奇妙」「風変わり」という意味で使うのは誤用です。「きどく」とも読めますが、「きとく」と読むのが一般的です。

「号泣」を激しく泣くという意味で使うのは誤用

「号泣」の正しい意味は「大きな声で泣く」で、「激しく泣く。涙を大量に流す」という使い方は誤用です。涙を多く流すだけでは「号泣」の意味に当てはまらず、大声を出して泣かなければ「号泣」とはいえません。