言葉【意味・誤用】

言葉【な行】

「情けは人の為ならず」の誤用『人の為にならない』ではない

「情けは人の為ならず」の意味…「○ 情けをかければ、やがて良い報いが来る」「× 情けをかけるのは、人の為にならない」
言葉【た行】

「天地神明に誓って」の誤用 『天地天命に誓って』ではない

本来の言い方…「○天地神明(てんちしんめい)」 誤った言い方…「天地天命(てんちてんめい)」
言葉【な行】

「中抜き」の誤用『中間業者のピンはねという意味ではない』

「中抜き」の本来の意味は「中間業者を抜かして直接取引をする」ですから、「中間業者がピンはねする」という意味で使うのは誤用です。
言葉【あ行】

「足をすくわれる」の誤用・意味 『足元ではない?』

正しいとされる言い方は「足をすくわれる」で、「足元をすくわれる」は新しい言い方とされている。
言葉【ま行】

「間が持てない」の意味・誤用 『間が持たない』ではない?

本来の言い方は「間が持てない」で、「間が持たない」は新しい言い方とされている。
言葉【さ行】

「舌先三寸」の誤用 『口先三寸』ではない

本来の言い方…「○舌先三寸(したさきさんずん)」 誤った言い方…「×口先三寸(くちさきさんずん)」
言葉【あ行】

「嘯く(うそぶく)」の誤用【意味・類義語・例文・語源】

「嘯く(うそぶく)」の意味…「○とぼけて知らないようなふりをする。豪語する」「×嘘をつく」
言葉【か行】

「噛んで含めるように」の誤用 『噛んで含むように』ではない

本来の言い方…「○噛んで含めるように」 誤った言い方…「×噛んで含むように」
言葉【あ行】

「お眼鏡にかなう」の誤用 『お目にかなう』ではない

本来の言い方…「○お眼鏡に適う」 誤った言い方…「×お目にかなう」
言葉【あ行】

「押しも押されもせぬ」の誤用 『押しも押されぬ』ではない

本来の言い方…「○押しも押されもせぬ」 誤った言い方…「×押しも押されぬ」
タイトルとURLをコピーしました