言葉【あ行】

言葉【あ行】

「浮き足立つ」の誤用・意味・使い方を分りやすく解説

言葉【あ行】

「石にかじりついても」の誤用【意味・類義語・例文】

言葉【あ行】

「愛嬌を振りまく」の誤用【意味・語源・例文まとめ】

言葉【あ行】

「青田買い」と「青田刈り」の意味の違い・誤用・使い分け

「青田買い」は「卒業予定の学生と早くから雇用関係を結ぶ」という意味の言葉。「青田刈り」にそのような意味はない。
言葉【あ行】

「足をすくわれる」の誤用・意味 『足元ではない?』

正しいとされる言い方は「足をすくわれる」で、「足元をすくわれる」は新しい言い方とされている。
言葉【あ行】

「親の心子知らず」とは【意味・使い方・類語・例文】

「親の心子知らず」 □意味…親が子供を思う気持ちは通じず、子供は勝手な振る舞いをするものだということ。
言葉【あ行】

「帯に短し襷に長し」の意味や類語、使い方等を解説

「帯に短し襷に長し(おびにみじかしたすきにながし)」 □意味…中途半端で何の役にも立たない。
言葉【あ行】

ことわざの「鬼に金棒」の意味、類語、例文を簡潔に解説

「鬼に金棒」 □意味…元々強いものに、更に強さが加わること。
言葉【あ行】

「縁の下の力持ち」の意味や類語、例文分りやすく解説

「縁の下の力持ち」 □意味…他人に知られないで、陰で努力や苦心をすること。また、そのような人。
言葉【あ行】

「馬の耳に念仏」の意味、類語、由来等を解説【馬耳東風】

「馬の耳に念仏」 □意味…いくら意見や忠告をしても、全く効き目がないこと。
タイトルとURLをコピーしました