●9のメインカテゴリーが表示されない場合は左にスライドして下さい。サブカテゴリーは記事下に設置しています。

言葉の誤用【あ行】

「嘯く(うそぶく)」の誤用【意味・類義語・例文・語源】

「嘯く(うそぶく)」の意味…「○とぼけて知らないようなふりをする。豪語する」「×嘘をつく」

「お眼鏡にかなう」の誤用 『お目にかなう』ではない

本来の言い方…「○お眼鏡に適う」 誤った言い方…「×お目にかなう」

「押しも押されもせぬ」の誤用 『押しも押されぬ』ではない

本来の言い方…「○押しも押されもせぬ」 誤った言い方…「×押しも押されぬ」

「いやが上にも」の誤用・意味 『いやが応にも』ではない

本来の言い方…「○いやが上にも」 誤った言い方…「×いやが応にも」

「上を下への大騒ぎ」の誤用 『上や下への大騒ぎ』ではない

本来の言い方…「○上を下への大騒ぎ」 誤った言い方…「×上や下への大騒ぎ」

「閲覧」の誤用【観覧との意味の違い】

「閲覧」の意味…「○書物・書類・ウェブページなどを調べながら読むこと」「×動画や芸術作品を鑑賞すること」

「暗殺」の誤用【意味・類義語・例文】

「暗殺」の意味…「○主に政治的な理由で、ひそかに要人を狙って殺す」「×目立たない場所で殺す」

「慇懃」の誤用『慇懃無礼とは意味が違う?』

「徐に(おもむろに)」の誤用【意味・例文・類義語】

「御の字」の誤用【意味・使い方・例文・語源・由来】

「遺憾に思う」の誤用・意味『謝罪している訳ではない』

汚名挽回は誤用なのか?【意味・用例・引用まとめ】

「浮き足立つ」の誤用・意味・使い方を分りやすく解説

「穿った見方」の誤用『ひねくれた見方という意味ではない』

「穿った見方(うがったみかた)」の意味・使い方 「穿った見方」の正しい意味 ○ 物事の本質を的確に捉えた見方。 「穿った見方」の誤った意味 ×疑った見方。ひねくれた見方。 「穿つ」の意味 ○穴を掘る・あける。また、貫き通す ○ 物事の本質を的確に言い表す…

「海千山千」の誤用【意味・類義語・語源・例文】

「圧巻」の誤用・意味『圧倒という意味ではない』

「雨模様」の誤用『意味や語源・由来を簡単解説』

「悪運が強い」という言葉の誤用。『運が強いという意味ではない?』

「圧巻」の誤用【意味・例文・語源・由来】

今回は、「圧巻(あっかん)」という言葉の意味・語源・由来・例文を、簡潔にまとめてみました。

「海千山千」の誤用【百戦錬磨との意味の違い】

「悪運が強い」の誤用【意味・類義語・例文・言い回し】

「雨模様」の意味・誤用『辞書に記載され始めた意味』

「嘯く(うそぶく)」の誤用「嘘をつくという意味ではない」

「嘘をついて回る」という意味で「嘯く(うそぶく)」を使うのは誤用です。「とぼけて知らんぷりをする」「ほらを吹く」が正しい意味です。

「浮き足立つ」の誤用『浮かれるという意味ではない』

今回は、「浮き足立つ(うきあしだつ)」という言葉の意味を、簡潔にまとめてみました。

プライバシーポリシー