●サブカテゴリーは記事下にあります

言葉の意味・誤用

「奇特」の誤用【正…行いが感心なさま 誤…奇妙】

「奇特(きとく)」は、「行いや心がけが感心なさま。殊勝」という意味の言葉で、「奇特」を「奇妙」「風変わり」という意味で使うのは誤用です。「きどく」とも読めますが、「きとく」と読むのが一般的です。

誤用されがちな日本語の一覧【意味の定着と変化】

文化庁の「国語に関する世論調査」で取り上げられた言葉を中心に、よく誤用される126の言葉をまとめてみました。 また誤用が完全に定着し、多くの辞書に新しい意味が記載された言葉は除外しています。

「号泣」の誤用【意味…大きな声で泣く ×激しく泣く】

「号泣」の正しい意味は「大きな声で泣く」で、「激しく泣く。涙を大量に流す」という使い方は誤用です。涙を多く流すだけでは「号泣」の意味に当てはまらず、大声を出して泣かなければ「号泣」とはいえません。

「生かす」と「活かす」の違い『意味は同じだが使い分けされている』

「沿う」と「添う」の意味の違いを分かりやすく解説

「破天荒」の誤用『大胆・豪快という意味ではない』

「ほぼほぼ」の意味や使い方を簡潔に解説【例文・類義語】

「耳ざわり」の誤用・意味【耳障りと耳触りの違い】

「手をこまねく」の誤用【意味・使い方・語源・類義語】

「すべからく」の誤用『全て・皆という意味ではない』

「聞く」「聴く」「訊く」「利く」の意味の違いを簡潔に解説

「交代」と「交替」の意味の違いを分かりやすく解説

「逆鱗に触れる」の誤用 【意味・語源・由来・例文】

「慇懃」の誤用『慇懃無礼とは意味が違う?』

「他山の石」の誤用 【意味・語源・由来・例文】

「したり顔」の誤用 ・意味『物知り顔という意味ではない』

「徐に(おもむろに)」の誤用【意味・例文・類義語】

「御の字」の誤用【意味・使い方・例文・語源・由来】

【誤用の定着】誤用する人の方が多い言葉一覧

文化庁が平成7年から毎年行っている「国語に関する世論調査」で、意味の誤用の割合が正用の割合を上回った言葉をまとめてみました。 最新調査の結果のみを載せています。

「割愛」の誤用【意味・例文・使い方・語源・世論調査】

「失笑」の誤用『冷笑・嘲笑・苦笑・爆笑との意味の違い』

この記事では失笑の意味と、爆笑・苦笑・冷笑・嘲笑の意味との違いについて解説していきます。

「答える」「応える」「堪える」の意味の違い・使い分け

「制作」と「製作」の意味の違い【アニメ・映画・保育園・幼稚園】

「制作」と「製作」は、発音が同じで意味の異なる同音意義語です。 どちらを使っても違和感が少ないので、感覚的に使っている人も多いと思います。 保育園・幼稚園や映画・アニメ業界では特殊な使い方がされているので、各業界の意味の違いまで完全に理解す…

「遺憾に思う」の誤用・意味『謝罪している訳ではない』

「愛想」と「愛嬌」の意味の違い【使い方・例文・類義語】

恣意的の意味・誤用説【類語・対義語・例文・漢字】

「全然いい」は誤用ではない【意味・使い方・例文・用例】

「砂を噛むよう」の誤用『悔しいという意味ではない』

汚名挽回は誤用なのか?【意味・用例・引用まとめ】

よく読み間違えられる漢字130選+誤読とは言い切れない読み

よく読み間違えられる漢字と、誤読とは言い切れない漢字の読みを一覧にしてみました。

プライバシーポリシー